面接官と喧嘩するのは悪い事ではない

面接官の態度が圧迫面接で喧嘩腰

就職や転職時で絶対に行われるのが面接です。

この面接、本来ならば資格や技術、これまでの経歴など気になった人物を呼んで、実際あって話し採用したいと考えたから面接するのですが、最近ではそんな気はさらさらありません。
圧迫面接などといった言葉があるように、単に呼んだだけの面接なども実際あります。

圧迫面接の特徴

圧迫面接で特徴的なのは、退職理由や、これまでの仕事内容をネチネチ文句を言ってくるのがほとんどでしょう。
中には生活態度や性格などの否定をしてくる面接官もいるとのことで、そうなると気が気がではないでしょう。

退職理由や仕事内容などは、履歴書や職務経歴書・レジェメを送った時点で企業側は分かっているはずですので、それをネチネチと文句を言ってくる場合は、はっきりいってその会社に入る事はお勧めできません。

確固たる目標があり、それを実現する為のスキルや経歴を持っており、後はどの様な会社に入るかで幾つか面接を受けたときがありましたが、そういった場合でも在籍期間や、何かしらネチネチ同じ事を繰り返してくる面接官に何人も会ったことがあります。

生活態度や性格などの否定をしてくる面接官だとしたら、その時点で辞退をした方が良いでしょう。

採用面接では聞いて良いこと悪いことがあり、面接官の質問内容によっては違法と位置付けられている質問もあります。

違法と位置付けられている程に失礼で無礼な質問という事であり、その様な質問を採用面接だから何聞いても良いだろうと考えている会社という事になります。だから圧迫面接になるのですね。

採用される転職者のための面接トーク術―モデル応答例付き

求職者を見下す面接官

そういったネチネチ面接官は、どうしても求職者を見下した態度で、うちの会社に入りたいんだろ?的な感じがありありとでていますので、すぐ分かりますね。自分達が優位な立場にいると錯覚した人が、よく取る態度です。

大体が現場責任者ではなく、課長や部長などの役職、中には社長がそうだった会社もありましたね。

私の場合、ネチネチ雰囲気を感じたら、直ぐ冷静に反論するようにしています。
その後、どういった返答をするかが、とても楽しくなりますね。

面接官が「あぁ、なるほど」とか言い出してネチネチがなくなれば、まぁちょっとした企業側の私への疑問部分だったのかなと思います。

しかし、相手が激昂したり、反論できずにネチネチ言ったりしたら時間の無駄です。

「御社の考えを聞かせて頂きよく分かりました。どうやら私との考え方に相違があるようです。申し訳ありませんが、今回の応募を辞退させていただきます。面接に呼んで頂き有難うございました。履歴書と職務経歴書は持って帰ります。では、失礼します。」

こう言って、さっさと帰った事が何回あった事か・・・

相手はポカーンとしてますが、中には、「そんな事じゃ、他でも同じだぞ」なんて捨て台詞を言ってくる人もいましたねぇ。「試してみます」と言って退室しましたが、現場責任者の方が追いかけてきて、ひたすら謝ってくれたのも遠い記憶です。

何をPRしたらいいかわからない人の 受かる!自己PR作成術

面接時点では上司でもなければ部下でもない

面接官に対して卑屈な態度をとってしまいがちな求職者ですが、堂々とした態度で面接に望みましょう。

面接を途中で退出しろとは言いませんが、言われっぱなしではなく、自分の考えを相手に伝える事が大事です。
それが、どうしても入りたいと思った会社であれば絶対に反論しましょう。

「在籍期間の短さや、転職回数の多さが気になるとは思いますが、事実ですので変えようもありません。
しかしながら、そこで得た経験や技術を活かし現在に至っており、そして、これらの経験を元に更に成長したい」
これ位は、伝えておいて損はありませんよ。

面接官を殴る様な事はしてはならない

最近、採用面接で面接官に圧迫面接されたので、キレて殴ってしまいましたという求職者が何人かいるそうですが、それでは只の犯罪者ですので辞めましょう。前述の通り、圧迫キタキタと思いながら冷静に反論していく方が楽しいです。

面接官との喧嘩というのは殴り合いの喧嘩ではありません。
冷静でなくなった場合に口喧嘩に発展してしまう事であり、殴ってしまうと圧迫面接官と同類になってしまうので、やはり辞めましょう。

口喧嘩に発展してしまったとしても、最終的に冷静になって辞退をする事が重要です。

転職での採用面接である事を忘れない様に

口喧嘩で冷静になれないと言う方は、この様な質問を面接官にしてみましょう。

面接での口論パターン1
「これって採用面接ですよねぇ?その質問って仕事に何か関係あるんですか?」
「あるから聞いているんだろ!」
「あぁそうですか、会社の評価基準がおかしいのですね可哀想に」
「お前何しに来たの?ウチに入る気あるの?」
「面接ですけど御社には入りたくないですねぇ、何しろ評価基準がおかしい」
「じゃあ、時間の無駄だから帰れ!」
「あなたの質問からですから、無駄にしたのはあなたですし、呼んだのはあなたですよね?あなたこそ採用する気あるんですか?無いなら帰りますね」

面接での口論パターン2
「これって採用面接ですよねぇ?その質問って仕事に何か関係あるんですか?」
「ねぇよ、テメエがムカつくだけだ!」
「いやいや、採用面接に来たのですが?何怒っているんですか?」
「テメエがムカつく事言ってくるからだろうが!」
「ムカつく事?例えばどの様な質問がムカつきましたか?」
「テメェマジでムカつく」
「ですからぁ、そのムカつく質問をしたのはあなたが最初なのですよ?自分が言われて嫌な質問をした訳ですか?しかも怒ってしまってマイナス評価じゃないですか」
「お前ホントいい加減にしろよ!」
「いや・・・ですからぁ、採用する気あります?無いですよね?なんで呼んだのですか?呼んでおいて悪口言われたら、あなたならどう思います?入りたくないですよね?私も入りたく無いですので帰りますね」

この様に冷静に判断して帰る事と、ハラスメント的で嫌な事を言ったのは面接官だという事実を相手に与えて終える事も重要です。

注意して欲しい事は面接官の態度が悪く、優位な立場を利用してハラスメントにあたる質問をしてきた事が発端である事を理解した上で反論をしなければなりません。

ただ単に面接官が気に食わないという理由だとしたら、言った言わないの水掛け論になり、出るとこ出ても負ける可能性も高いですから注意しましょう。

何しろ転職先を探して採用面接に出かけたはずが何故か喧嘩になっているわけで、一緒になってキレている場合ではないですよね。

優良ホワイト企業を探そう、中途採用の求人情報一覧ページ

辞退をしたら上記ページなどを参考に、次の転職先を探しましょう。
次の採用面接官が非常に良い人に見えるでしょう。