面接官と喧嘩するのは悪い事ではない

就職や転職時で絶対に行われるのが面接です。

この面接、本来ならば資格や技術、これまでの経歴など気になった人物を呼んで、実際あって話し採用したいと考えたから面接するのですが、最近ではそんな気はさらさらありません。
圧迫面接などといった言葉があるように、単に呼んだだけの面接なども実際あります。

圧迫面接の特徴

圧迫面接で特徴的なのは、退職理由や、これまでの仕事内容をネチネチ文句を言ってくるのがほとんどでしょう。

退職理由や仕事内容などは、履歴書や職務経歴書・レジェメを送った時点で企業側は分かっているはずですので、それをネチネチと文句を言ってくる場合は、はっきりいってその会社に入る事はお勧めできません。

確固たる目標があり、それを実現する為のスキルや経歴を持っており、後はどの様な会社に入るかで幾つか面接を受けたときがありましたが、そういった場合でも在籍期間や、何かしらネチネチ同じ事を繰り返してくる面接官に何人も会ったことがあります。

採用される転職者のための面接トーク術―モデル応答例付き

求職者を見下す面接官

そういったネチネチ面接官は、どうしても求職者を見下した態度で、うちの会社に入りたいんだろ?的な感じがありありとでていますので、すぐ分かりますね。自分達が優位な立場にいると錯覚した人が、よく取る態度です。

大体が現場責任者ではなく、課長や部長などの役職、中には社長がそうだった会社もありましたね。

私の場合、ネチネチ雰囲気を感じたら、直ぐ冷静に反論するようにしています。
その後、どういった返答をするかが、とても楽しくなりますね。

面接官が「あぁ、なるほど」とか言い出してネチネチがなくなれば、まぁちょっとした企業側の私への疑問部分だったのかなと思います。
しかし、相手が激昂したり、反論できずにネチネチ言ったりしたら時間の無駄です。

「御社の考えを聞かせて頂きよく分かりました。どうやら私との考え方に相違があるようです。申し訳ありませんが、今回の応募を辞退させていただきます。面接に呼んで頂き有難うございました。履歴書と職務経歴書は持って帰ります。では、失礼します。」

こう言って、さっさと帰った事が何回あった事か・・・

相手はポカーンとしてますが、中には、「そんな事じゃ、他でも同じだぞ」なんて捨て台詞を言ってくる人もいましたねぇ。「試してみます」と言って退室しましたが、現場責任者の方が追いかけてきて、ひたすら謝ってくれたのも遠い記憶です。

何をPRしたらいいかわからない人の 受かる!自己PR作成術

面接時点では上司でもなければ部下でもない

面接官に対して卑屈な態度をとってしまいがちな求職者ですが、堂々とした態度で面接に望みましょう。

面接を途中で退出しろとは言いませんが、言われっぱなしではなく、自分の考えを相手に伝える事が大事です。
それが、どうしても入りたい会社であれば絶対に反論しましょう。

「在籍期間の短さや、転職回数の多さが気になるとは思いますが、事実ですので変えようもありません。
しかしながら、そこで得た経験や技術を活かし現在に到っており、そして、これらの経験を元に更に成長したい」
これ位は、伝えておいて損はありませんよ。

優良ホワイト企業を探そう、中途採用の求人情報一覧ページ
辞退をしたら上記ページなどを参考に、次の転職先を探しましょう。