30歳以上の転職市場は厳しい訳ではない

転職をする、もしくは転職した年齢は人それぞれだと思いますが、よく言われているのは30歳以上の転職は難しいと言われています。
本当にそうでしょうか?
私は、何度も転職を繰り返していますが、30歳を超えても全く難しいと感じた、思った事はありませんでした。
まぁ、応募資格が30歳までなどといった会社もありましたが、そういった会社は大体が中高生など学生向けの商品を開発・販売・企画などをしている会社でした。
私も、そういった会社に入社する気もありませんでしたし、30歳という年齢で区切っているという、その会社の人材募集にかける本気度が感じられませんでしたね。
本来中途採用なんて、年齢は関係なく、募集職種に関する知識・技術・経験などが重要なのであり、ただ若ければ良いといった風潮の求人募集は見れば分かります。
現に、広く才能を募集している会社は年齢制限はありませんでしたね。
しかし、転職するからには、その希望職種に対して少なからず興味なり、知識がなければなりません。
何も考えずに、待遇面や休日などばかりを見てるから、失敗するのです。
若い人と、30歳を超えている人の差は年齢だけではない事を、もう一度認識しなければなりません。
30歳以上でアルバイトでも会社員でも勤務経験がなければ、かなり厳しい状況になりますが、殆どの人は2,3年何かしら働いた事があるでしょう。
そこで得た技術や知識などの経験をアピールしていけば、全く年齢を気にする必要はありません。
採用担当・面接官側の意見としても、年齢で弾いた事は一度もありませんでしたね。
しかし、年齢と職業に対する認識度は良く見ていますので、これまでの仕事内容や今後の展望などはしっかりと考えておきましょう。
面接官や採用担当者の中には、年齢を非常にきにする人も存在します。
大体その担当者と同じくらい、もしくは年齢が下の方が良いといっていましたが、その理由は只単に扱いにくいといった、くだらない理由でした。
一番多いのは、変な意識が無い状態から育てたいとか、まっさらな状態から育てたいといったものですね。
年齢制限を設けている会社の担当者もそんな理由が多いでしょう。
そして、一番酷いのは、自分より上の技術を持った人には来て欲しくないといった人までいました。
さすがにこれは、何の為に求人募集しているのか分かりませんね。
何が言いたいのかと言うと、30歳までと年齢制限を設けている会社には興味を持ってはいけない。
これまでの経験を活かせる職業を選ぶと言う事です。
当たり前だと感じた方はそのままで結構ですが、こういった事が分かっていない求職者が多いのも事実です。
30歳までと書いてあるのに、年齢制限超えた人の応募が多くて困ってますといった愚痴を良く聞きます。
はっきりいって、年齢制限を設けている会社で、制限超えた人を雇う事は、まず無いと言っていいでしょう。
30歳超えて全くの初心者の職種に応募もいいでしょうが、なぜもっと早くその職種に転職しなかったのでしょう。
興味を持っているのなら何かしらのアクションは起こしているはずで、30超えていきなり気づくと言うのはありえません。
資格条件に経験者と書いてあるのに、応募してくるよ・・・と、こちらも愚痴られたことが多々あります。
結論として、なんの脈絡もない30歳以上の転職は厳しい。
しかし、これまで培ってきた事を何かしらに活かす事ができる職業ならば、年齢の壁は全くないです。
採用される転職者のための面接トーク術―モデル応答例付き
何をPRしたらいいかわからない人の 受かる!自己PR作成術