女性の容姿や見た目は採用面接で有利?

履歴書に貼ってある写真や、面接で実際に会って見て可愛いな、綺麗だなと思う時は面接官を経験した事がある人ならあるでしょう。

では、実際に女性は容姿端麗の方が採用されやすいのでしょうか?

これは残念ながら、見た目で決める面接官・採用担当者もいるようです。

女性を見た目だけで採用する担当者はいる

中には応募資格を満たしていなかったり、募集していた部署とは違った部署へ配属されたり、なんで?と思う事が多々ありますが、そういった場合は完全に容姿だけで採用を決めていると考えていいでしょう。

理由は後から幾らでもつけることができます。

初心者から育ててみたいと感じた、やる気を感じて他の部署で育てて欲しいと思ったなどなど・・・

こういった事は、今に始まった事ではありません。昔から続いています。

中小企業、大企業など関係なく、様々な会社でありうる事ですね。

見た目だけで採用する面接官に自覚なし

容姿で選んでいる人は、実は自覚がありません。

誰を採用しようか迷っている時に、自分の好みの女性を見ていると、なぜか良い人材に思えてきてしまい採用してしまっているのでしょう。

自分の好みの女性な訳ですから、イメージが良くなってしまうのですね。

採用担当者・面接官が一人で行っている場合、この現象は多くなります。

複数の担当者を設けている所では、意見がでますので容姿だけでは採用されにくくなります。

まれに、担当者が複数いても最初から可愛い女性を採用すると決めている会社もあります。

それは、なぜでしょうか?

上司命令で見た目採用しなければならない面接官

そう、上司や社長命令だったりするのです・・・

「おっ、この娘、可愛い~。この娘採っておいて」
「この部署、男ばっかりでむさくるしいよね。華やかな可愛い女の子採ろうよ」
「会社のマスコット的な存在として欲しいよね」

もうね・・・馬鹿なんじゃないかと思うほどですよね。

ほとんどが、冗談で済ましますが、中には本気な人もいるのが困り物です。

そして、そうやって入社した女性の殆どが、短期間で退職してしまうのも事実。

当たり前ですよね、どう考えてもミスマッチな配属をしなければなりませんし、セクハラに該当する可能性が高いですから。

勘違いした人達の相手もしなければなりませんし、嫉妬もかいやすいです。

これは、求職側は全く非がなく、完全に採用した会社側に問題があります。

だからといって対策方法など無いため、できるならば応募資格を良く見て、職場の年齢層や会社の平均年齢などをチェックするしかないでしょう。