それを言ったら即辞退、残業できる?転勤できる?恋人いる?

3月から就職活動がスタートする事も有り、就職活動に関する記事が多いですね。
特に面接での受け答えを気にする応募者が多い様で、面接での回答で不採用にする例を幾つも挙げている記事も多い。
面接回答「えっ……はい!大丈夫です」の「えっ」で即不採用
http://president.jp/articles/-/21322
こう言った面接時の受け答えで即不採用にする企業は時代の流れを分かっていない。だから選考辞退や内定辞退される事になります。
新卒採用も中途採用もアルバイト採用でも選考辞退や内定辞退が複数社に同時応募で増加
残業できる?転勤できる?何て事を聞くと言うことは、求人票に残業や転勤について何も書いていないからですよね。残業や転勤に関して何も書いていないのに、面接でイキナリ聞かれたら私でもエッ?となります。求人票を元に応募してくると言う事を全く分かっていない。
自分の強みと弱み、どんな人生、果ては恋人いる?家族はどんな人?オイオイ・・・調子にノンなよ?となってしまいますよね。
大抵こういった事は企業目線で語られますが、時代は売り手市場で有り、若者の考え方も変わっています。昔ながらの方法で面接を行うと最悪ブラック企業認定されてしまいますから注意した方が良いでしょう。
ネガティブ要素は全て求人票に掲載しておく。就活サイトの人材サービス会社から言われている筈ですけどね。