毎回求人広告をだしている会社はブラック企業か?

転職の時には、転職求人サイトを見ている人が多いでしょう。

そんな転職サイトを見ていると、毎回同じ会社が求人広告を出している事に気づきます。

ずーと出している会社もあれば、数週間おきに現れる会社もあったりします。

いったいあのような求人広告は何なのでしょうか?

よく言われているのが、ブラック企業である為、辞めていく人が多く絶えず求人広告をだしている。

こういった意見が多いようですが、実際はどうでしょう。

見た感じ、その通りの様ですね・・・

手を変え品を変え、社名を変え、職種を変え・・・

ここまで酷いと、さすがに誰も応募しないのかと思いますが、実際は何件かは応募があります。

ブラック企業と分かっていながら応募したのか、魅力を感じて応募したのかは分かりませんが、この就職難ではしかたないのかもしれませんね。

しかし、ずっと求人広告をだしている会社の中には、意外と魅力のある企業もあります。

上場企業であったり、技術に定評のある会社だったり、非常に有名な会社であったりと様々ですが、なぜでしょうかね?理由も様々です。

応募条件が非常に厳しく誰も該当しない、通年募集で広告枠を買っており欲しい人材がいたら採用するスタンス、派遣会社や人材紹介に委託してるパターン、などなど色々あるようです。

人気企業の中途採用は競争率が異常なほど高く応募数も驚くほど多い、限られた期間で、限られた人材でと時間制限をかけても良い事はありません。新卒採用ではないですからね。

ですから、年中求人広告をだしている場合が多いのです。

一概にブラック企業が多いですが、中には優良企業も存在しています。

行きたいと感じた会社があれば、応募してみても損はないでしょう。

就職先はブラック企業―20人のサラリーマン残酷物語

就活の鉄則!有名企業より優良企業を選びなさい!