面接で面接官の目を見て話すのはNG、ここぞと言う時に見るのが良い

面接対策の本に良く書かれているのが、面接官など相手の目を見て話しましょうとありますが、これは止めましょう。
海外では、相手の目を見て話すなどとありますが、海外でも見詰め合って話す事など、そうそうありません。
ましてや、ここは日本ですので、面接官の目を見ながら話す事は、失礼な奴だと思う人も多いです。
面接官自体が目をそらしてますし、良いことはあまりありません。
考えてみてください。相手と見詰め合う場合と言うのは、恋人同士や喧嘩を売っている時くらいでしょう。
目を合わせるのではなく、相手のネクタイ辺りや喉下を見ながら話すのが良い感じに目線がいきます。
肝心な事を言う時に、例えば「○○の理由で御社で働きたいと思いました」の時に目を見て伝える。
そして、さりげなく元の目線に戻す。
ここで、肝心なのは話す時に目を見るのではなく、伝える時に目を見るということです。
採用される転職者のための面接トーク術―モデル応答例付き
何をPRしたらいいかわからない人の 受かる!自己PR作成術