転職回数が多いのは不利になる?

何度も転職を繰り返して履歴書の職歴欄に書ききれない人は転職に不利になるのでしょうか。
私もかなり多く転職・会社を替わっている為、職歴欄はきつきつですが、不利と感じた事はないですねぇ。
面接官の立場から見た時も、ほとんど気にしなかったです。
転職や会社を替えるということは、経験職種だったり、やってみたかった仕事だったりと志望動機がはっきりしている場合があるので、そういった部分と合わせてみている場合が多いですね。

転職回数が多いと志望動機や自己PRもしやすい

面接時でも志望動機を話しやすいですし、自己PRもしやすいと感じています。
もちろん会社ごとの、退社理由もしっかりしていますし、そこから現在に到るまでの一貫した将来像とでもいうのでしょうか、意思と言うのでしょうか、そういった事をアピールしていけば上手くいきますし、自分の考えの見直しにもなります。
面接では、これまでの会社に入った理由と退職理由、その会社でどんな仕事をして何を得たかを、一つ一つ説明していきます。
時間はかかりますが、しっかりと聞いてくれますので、そこで適当に説明すると必ず落ちます。
中には、これまでの経緯なんぞどうでも良いという、スキル重視の会社でも、そのスキルはこの会社で学びましたなど、履歴書を利用していくのも手です。
逆に転職回数が多い事で自分をアピールする部分が増えるのです。これは転職回数が少ない人にはできません。
会社在籍期間が極端に短かったり、空白期間が長かったりした場合も同じ事です。
なぜ短期間で辞めてしまったのか・・・会社が倒産、待遇の相違、仕事内容の相違、周囲との温度差などが多いのではないでしょうか。
会社が倒産してしまった、部署が消滅したなどはそれだけで理由になります。
仕事内容や待遇の相違は、そういった事に対し自分がどこまで対処したかが鍵となります。何もしなかったは理由にはなりません。
空白期間が長い場合は、その空白期間中になにを得たかが焦点ですね。
やはり、何もしなかったではお話になりません。
この様に、転職回数が多い事で不利になるのではないのが分かりますね。

転職回数が多いと不利になる理由

では、なぜ転職回数が多い事で不利になると言う情報や噂が後をたたないのでしょうか。
それは、根本的に何も考えずに、何も行動を起こさずにさっさと辞めてしまった人が多いからだと思います。
何人も面接をしていると、考えや行動が一致している人と、全く何も行動していない人の差というのは大きいです。仕事に対する意識そのものが違うといってもいいでしょう。
はっきりいって、ただ楽な仕事を探して転職を繰り返している人はすぐ分かります。
そういった人は、もう一度仕事に対する意識を変えて、今後自分は何をやっていきたいのかを明確に示す事ができれば、チャンスは幾らでもあります。
身に覚えがあると感じた人は、今からでも遅くはありません。
しっかりと意識改革をして行動をおこしましょう。その上で転職活動に望む事をおすすめします。
採用される転職者のための面接トーク術―モデル応答例付き
何をPRしたらいいかわからない人の 受かる!自己PR作成術