40歳以上が面接で不採用となる言葉は学びたい

40歳からの転職面接、絶対落とされる一言とは
好景気、売り手市場、女性活用など、何かと明るい話題が多い転職マーケットですが、それは40歳以上にも同じことが言えるのでしょうか。そこで、各業界の中途採用に精通するヘッドハンターの方々に、年収800万円以上を目指す40歳以上の転職事情について聞きました。第1回目のテーマは「求められる人物像」です。
https://president.jp/articles/woman-print/29934

40歳以上で転職をする事も珍しくなくなった昨今の転職市場、管理職経験が前提の高年収求人に応募する際に注意したい事をエージェントが挙げています。

40歳以上の転職において、面接での受け答えに関しての注意点が多く挙げられています。

40歳以上の転職で不採用になる人の特徴も挙げられており、転職理由が曖昧だったり、転職して学びたいと面接で言ってしまうとアウトだそうです。

これらはあくまでも管理職経験前提で、年収800万円以上の高年収求人での採用面接で言ってはならない事の一例であり絶対ではありませんが、求人の応募条件に挙げられている事が多く、気を付けた方が良いのも事実です。

しかしながら、それら曖昧な転職者の要望を絞り込み転職先を絞り込んであげる事がエージェントの仕事であり、パーフェクトな人材を求める企業側の求める人材像を添削し、転職希望者と求人企業の要望をマッチングする事もエージェントの仕事です。

エージェントの勝手な判断によって転職計画が狂う事もありますので、エージェントに任せるのか自分で選ぶのかを決めてから登録をした方がエージェントの方々もマッチングしやすいでしょう。