転職の面接で落ちて不採用となる40歳以上の特徴

40歳からの転職面接、絶対落とされる一言とは
好景気、売り手市場、女性活用など、何かと明るい話題が多い転職マーケットですが、それは40歳以上にも同じことが言えるのでしょうか。そこで、各業界の中途採用に精通するヘッドハンターの方々に、年収800万円以上を目指す40歳以上の転職事情について聞きました。第1回目のテーマは「求められる人物像」です。
https://president.jp/articles/woman-print/29934

40歳以上で転職をする事も珍しくなくなった昨今の転職市場、管理職経験が前提の高年収求人に応募する際に注意したい事を転職エージェントが挙げています。

転職の面接で落ちる40歳以上の特徴

40歳以上の転職において、面接での受け答えに関しての注意点が多く挙げられています。

40歳以上の転職で不採用になる人の特徴も挙げられており、転職理由が曖昧だったり、転職して学びたいと面接で言ってしまうと不採用となり落ちるそうです。

転職の面接で落ちる40歳以上の特徴

  • 転職理由が他人の責任
  • 自分が何で転職したいのか説明できない
  • 転職して学びたいは落ちる
  • 自己中心的な人は外資系企業へ

これらはあくまでも管理職経験前提で、年収800万円以上の高年収求人での採用面接で言ってはならない事の一例であり絶対ではありませんが、求人の応募条件に挙げられている事が多く、注意した方が良いのも事実です。

しかしながら、それら曖昧な転職者の要望を絞り込み転職先を絞り込んであげる事が転職エージェントの仕事であり、パーフェクトな人材を求める企業側の求める人材像を添削し、転職希望者と求人企業の要望をマッチングする事も転職エージェントの仕事です。

転職エージェントの勝手な判断によって転職計画が狂う事もありますので、転職エージェントに任せるのか自分で選ぶのかを決めてから登録をした方が転職エージェントの方々も求人とマッチングしやすいでしょう。

転職が成功する40歳以上の特徴

逆に、40歳以上が面接で落ちずに採用されるケースも転職エージェントが説明しています。

「年収800万円以上を目指す! 40歳以上の転職で求められる人物像」

前提となるもの
管理職経験
面接で企業が見ている点
思い描いたことを何かしら形にしてきた経験があるか?→社内変革を任せられそうか
コミュニケーション能力に長けているか?→組織をまとめたり、社員の意識改革をしたりが期待できるか
転職後に企業から評価されている人物像
軽いフットワークで部門を越えて動ける人
自責の念で周りを巻き込み、理想とする環境を作り上げる人
過去の実績にとらわれず、新しい会社や環境に溶け込む覚悟を持って転職できる人
担当外の仕事も面白がり挑戦できる人
業界問わず引く手あまたな人
デジタルトランスフォーメーションの推進や、そのための環境整備と企業内改革に携わった経験のある人

転職エージェントによると、年収800万円以上の管理職経験がある事が前提の40歳以上の転職成功例は上記の通りとなっています。

40歳以上での転職となると、自己都合退職で転職というよりも会社都合退職での転職の方が多いと思います。

リストラでの人員削減で40歳以上社員を対象とした希望退職を募集している企業も多く、その際に再就職支援を転職エージェントに任せる企業が殆どでしょう。
今後は更に40歳以上の転職も増えると思いますので、転職エージェント側も意識改革が必要となっています。

上記に挙げている転職成功する40歳以上の例は取材に答えている転職エージェント3人のみの意見であり、転職エージェント全体の意見ではない事も理解しておきましょう。

40歳以上の転職が得意な転職エージェント

自信がなく自己PRも辿々しい40歳以上が苦手な転職エージェントもいれば、40歳以上の転職成功に強みを持つ転職エージェントも当然あります。

最近は様々な転職エージェントが登場しており、40歳以上など中高年層専門の転職エージェントもあるほどです。

もし40歳以上で転職を考えており、転職エージェントでの転職を考えているのであれば以下の転職エージェントや正社員の求人サイトをおすすめします。

おすすめ転職エージェントの比較と評判
http://lifesloves.wp.xdomain.jp/archives/67390042.html

おすすめ正社員求人サイト比較、口コミや評判ランキング
http://lifesloves.wp.xdomain.jp/archives/67389967.html

上記に登場する転職エージェントはヘッドハンターやエグゼクティブ専門の転職エージェントですが、当たり前ですが40歳以上で管理職以外の転職をするのであれば避けた方が良い転職エージェントとなります。

せっかく多くの多種多様な転職エージェントや求人サイトがあるのですから、2つか3つ登録してご自身と合う転職エージェントを選びましょう。