看護師の求人倍率が初の3倍越え、日本看護協会が発表

「看護師」の求人倍率、初の3倍超え
 看護師や助産師などの看護職員の就労支援を行う全国のナースセンターで、平成24年度の看護師の求人倍率が平均3・17倍と11年度の調査開始以来初めて3倍を超えたことが14日、日本看護協会のまとめで分かった。協会は「看護師の資格を持ちながら結婚などで退職し復職していない『潜在看護師』の復職支援などに力を入れたい」としている。
 まとめによると、助産師なども含めた看護職員の求人倍率が高かったのは愛知県(4・11倍)▽長野県(3・92倍)▽愛媛県(3・78倍)▽福島県(3・40倍)▽三重県(3・39倍)-の順。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140114/bdy14011421300008-n1.htm

日本看護協会によると、看護師の求人倍率が調査開始以来初の3倍を越えたそうです。
と言っても、平成24年度の事であり、初のと言っても11年度からの開始です。
助産師も含めた看護職員の求人倍率が最も高かったのは愛知県で、4.11倍と4倍を越えています。
建設業界、物流業界は人材不足と言われていますが、この看護職員も人材不足と以前から言われていますね。
病院や介護施設などの求人7割が常勤であるのに対し、求職者の半数程度は非常勤やパートを希望していたとなっており、これは他の業界とは逆ですね。
日本看護協会によると、常勤で働きたい人は減少傾向にあり、資格を持ちながら働いていない潜在看護師は71万人にも上るという。
看護職員などは激務ですが、社会保障もシッカリしており、給与も昇給もある程度規則的ですので、こういった非常勤やパートを希望すると思われています。
ただ、やはり建設・物流などと同じく、外国人労働者を増加させる規制緩和も検討されていますので、今後はどうなるか分からない部分もあるでしょう。