就職や転職時の面接対策はしない

就職・転職をする時に、絶対に行われる面接。面接をしない会社は、入らない方が良いでしょう。
それ位、企業側は面接を重要視しています。
面接対策の書籍や本、面接対策セミナーやら合宿・・・
はっきりいって意味がないと思ったほうが良いでしょう。
私は、これまで様々な会社の面接を受けました。その数は非常に多いです。
バイトだったり、新卒だったり、未経験職種の転職だったり、経験豊富な職種の面接だったり、本当に様々です。
そして、会社側の人間として面接官として、面接を行った事も数多くあります。
チームリーダー、責任者、最終決定権を持つもの等などとして面接に立ち会いましたねぇ。
そういった経験から言わせてもらうと、面接対策は、その受ける企業の情報、その企業で何をやりたいのか、今現在何ができるのか、一般常識くらいは必要です。
面接対策の本などを読んでみると、まぁ色々書いてありますが、ほとんど役に立ちません。
なぜ役に立たないかと言うと、会社によって面接は多種多様であり、面接官によって変わったり、業種や職種によっても受け答えは変わってきます。
そして、選ぶ基準も千差万別、一概には言えません。
例えば、若い会社で、平均年齢も低い職場の面接で、かたくるしく挨拶、返答などしても良い結果は得られません。完全に、顔や気分で選考している場合があります。
ちょっと大人しそうで、暗い感じのオタクっぽい面接官に、必死に自己アピールしても、全く聞いていませんし、むしろ、嫌われます。目をみながら話すなんてとんでもないです。
この様に、本に書いてある通りに行ったとしても上手くいく可能性は低いと考えましょう。
そんなことよりも、相手の性格を大体つかんで、そこから臨機応変に対応する事が求められます。
それは、仕事でも役に立つので、覚えて置いてください。
どうすれば上手く対応できるかは、面接の数をこなす事があげられますが、そんな事をしなくても、これまでにも初対面の人と話す機会があったはずです。
そういった初対面の人と話すときは、相手の性格を探るように話すと思います。
初めから、馴れ馴れしい人は大体良い感じに思われませんよね?
これまでの経験をしっかり応用していけば、必ず面接は上手くいきます。
採用される転職者のための面接トーク術―モデル応答例付き
何をPRしたらいいかわからない人の 受かる!自己PR作成術