就職氷河期限定の宝塚市職員募集に応募殺到、採用人数3人に対し200人以上が応募する高倍率に

以前、兵庫県宝塚市による就職氷河期世代のみを対象とした事務職員の求人採用がありました。

宝塚市が就職氷河期世代限定で正規の事務職員となる公務員採用を実施します
http://lifesloves.wp.xdomain.jp/archives/post-7571.html

8月19日から募集を開始しており、応募者が殺到しているとのこと。

宝塚市の「就職氷河期世代」採用募集 全国から応募殺到
https://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/201908/sp/0012635012.shtml

採用枠3人に対して応募者数は200人以上となっており、倍率が高くなっています。

愛知県が行なっている公務員採用の社会人枠年齢引き上げとは少々異なりますが、倍率が高くなる事は一緒の様です。

公務員採用においても就職氷河期世代は影響を受けており、バブル世代や金融危機世代よりも採用人数が少なく公務員全体としても人数が少ない世代です。

結婚相手の職業としては人気の公務員ですが、就職人気としては年々下がっており、公務員試験の応募者数も年々減少し、兵庫県でも過去最低の倍率となっています。

若い年代には不人気の公務員も、就職氷河期世代には絶大な人気。

もしかしたら、今後この採用方式は一般的になるかも知れませんね。