50代の転職で気を付けたい面接、成功の鍵は自分の市場価値を知る事

50代面接での「勘違い」回答も… 転職成功の秘訣は「市場価値」理解
https://dot.asahi.com/aera/2015120100008.html

1億総活躍時代や女性の社会進出を掲げていますが、主婦の再就職を含め50代や60代での転職者は増加傾向となっており、定年退職を延長し再雇用も延長する企業も増えてきています。

中途採用の求人でも、年齢不問、50代歓迎、60代活躍中、70代再雇用有り!などと言う求人PRの文言を多く見かける様になりました。

これ迄は特定職種での有資格者や技術者などが求められていましたが、今やどの業種でや職種でも50代・60代以上といったシニア層の求人を探す事が出来ます。

更に主要顧客層が50代や60代と言うことで、店舗の従業員は全て60代前後の高齢者と言う会社も出てきました。

数年前は不景気でしたのでリストラで人員削減の対象とされた中高年層も多いと思いますが、転職や再就職の受け皿は多くなっていると思われます。

しかしながらリストラで人員削減の対象とされた50歳代は、60歳代とは異なり転職に対する意識改革が必要になってくる場合が多いとなっています。

50歳以上の転職者が行いがちな間違いとして、以前の職場での給料以上を求め、最初から役職などの肩書に拘る人が多いそうです。

この様な市場価値を無視した考えを改め、自分の市場価値を見つめ直してから転職や再就職に臨んだ方が良いとのこと。

自分の市場価値ですか・・・また出てきましたね。このフレーズは転職サイトで流行っているのでしょうか。
自分の市場価値を的確に把握している人は少ないでしょう。

市場価値判断には転職エージェントを利用している人が多いそうですので、おすすめ転職エージェントのページを参考にしてみてください。

おすすめ転職エージェントの比較と評判

中高年層の転職が増えたとしても、60歳代や70歳代になっても元気だからと過信は禁物です。
心身の衰えは自分でも感じていると思いますから、無理はなさらない様にして欲しいです。