弘前大学と宮城大学が中途採用を行っています

青森県弘前市にある国立大学の弘前大学、医学や農学は結構有名では無いでしょうか。
その弘前大学の研究テーマが、文部科学省と科学技術振興機構が募集した革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)に採択され、学内にCOI研究推進機構を設置したそうです。
採択された研究テーマは、「脳科学研究とビッグデータ解析の融合による 画期的な疾患予兆発見の仕組み構築と予防法の開発」。 となっています。
そんな弘前大学のCOI研究推進機構が、リサーチ・アドミニストレーター知的財産担当の中途採用を行っています。
応募資格は修士以上の学位、もしくは相当の専門職学位を有する方で、知的財産に関する知識や経験の有る方が対象なる契約職員採用。
勤務地は本町キャンパス内のCOI研究推進機構、給与は年俸240万円以上、最高額は年俸1680万円、契約期間は最大平成34年3月までとなる年度末更新。
もう一つは宮城仙台近くにある公立大学の宮城大学。まだ新しい大学の様ですね。
その宮城大学が大学事務の中途採用を行っています。一般事務4名と調査研究員1名の募集となります。
応募資格は高卒以上、Word・Excel含むPC基本操作が出来る40歳以下の方が対象となります。
勤務地は大和キャンパスと太白キャンパス、給与は月給16万8872円以上、手当が幾つか用意されている様です。
応募は宮城大学の採用ページからとなりますので注意しましょう。
これら大学業務に興味の有る方は応募を検討して見ては如何でしょうか。
弘前大学と宮城大学などの求人はコチラ。
働きやすい企業を探して転職しよう、中途採用の求人情報一覧