阪神高速技術とJKK東京が事務と電気通信、機械、建築、土木、各技術職の中途採用を行っています

多くの職種で求人募集をしている別の会社なのですが、良く見ると職種がほとんど同じと言う珍しいパターンが時々あります。
今回は職種がおもいっきり被ってしまった2社を見ていきましょう。
まずは、阪神高速道路公団が民営化して設立した阪神高速道路。
その阪神高速道路のグループ会社で保守点検メンテナンス等を行っているのが阪神高速技術となります。
そんな阪神高速技術が電気通信、機械、建築、土木の各技術職の中途採用を行っています。
応募資格は、それぞれ経験者採用となり、必要資格などが記載されていますので見ておくと良いでしょう。
勤務地は管轄である、大阪市、神戸市、京都市の何れかへ配属となります。
給与は月給20万円以上、福利厚生も整っています。
そしてもう一つはJKK東京で知られる東京都住宅供給公社、こちらは以前にも求人を出していましたね。
■URとJKK東京が総合職と技術職の中途採用を行っています

都市再生機構であるURですが、以前にも総合職の求人を行っていましたね。 ■都市再生機構・UR都市機構が各種総合職の中途採用を行っています ...
そんな東京都住宅供給公社が事務職と、電気、機械、建築、土木の各技術職の中途採用を行っています。
阪神高速技術の求人と東京都住宅供給公社の求人はコチラ。
優良ホワイト企業を探そう、中途採用の求人情報一覧ページ
応募資格は高卒以上の経験者、こちらは最初は契約社員採用となっています。
勤務地は東京都内の各支店や窓口となりますので、確認をしておきましょう。
給与は月給22万7000円以上、福利厚生も整っています。
如何でしょうか、事務職以外の募集職種が完全に同じとなっており、しかも2社とも公団・公営だったりするので面白い。
とは言っても業務内容は結構異なり、関西と関東ですから、興味のある方へ応募を検討して見て下さい。