新卒学生が絶対に就職したい企業と就職したくない企業のランキング

大学生の新卒学生が絶対に就職したいと思う企業のランキングなどがありますね。

その2012年度版が発表されました。

男性も女性も人気ランキング上位にランキングされている会社・企業は昔から変わりませんね。

一体何が良いのか、理由なども一緒に掲載されていれば尚いいのですけどね。

絶対に就職したくない企業ランキングと比較

それとは逆に、絶対に就職したくない企業、ワーストランキングも一緒に掲載されているようでして、こちらの方は時勢を反映した感じになっています。

インフラ系で最も安定した会社で人気も上位だった東京電力が、男性女性ともにワーストランキングに入っています。福島原子力発電所の放射能事故の影響で、補償金額が桁違いであり、世間からの目も冷たい、そして今後も更に状況は悪くなると感じている学生が多いのでしょう。

くらコーポレーションという会社も男性・女性ともにワーストにランキングされていますが、一体なにをしたのかと思ったら、ちょっと前に新卒学生と内定を巡って色々問題があったようですね。

ワーストランキングを見ていると、外食産業が非常に多い事が良く分かります。

ブラック企業ランキングでも上位に書かれている外食産業ですが、そういった情報などで人気がなくなってしまったのでしょうね。

ちょっと驚いたのが、楽天やソフトバンク、みずほ銀行、京セラ、キーエンス、大塚商会、そしてなぜかリクルートも、絶対に就職したくない企業にランキングされていますね・・・

これらの企業もインターネットでの情報が元に人気がなくなってしまった様です。

大学生は知らない優良企業ランキングの結果は

しかし、人事コンサルタントなど就活のプロ35人が選んだ「大学生は知らない優良企業辛口ランキング100」というのも存在していて、そちらのランキングでは1位がリクルート、2位が「グーグル」「P&G」「サイバーエージェント」「ホンダ」となっている。

こちらのランキングは非常に面白いですね。

学生が好きな大手であり、残業も少ない、そして安定している訳ですが、人気企業上位にランキングされているのがホンダだけとなっています。
サイバーエージェントはどうか知りませんが、少なくともリクルート、グーグル、P&G、ホンダは完全実力主義の会社です。生半可な意識では続けていく事は難しいでしょう。

しかし、有能な上司や同僚が多く、仕事も多種多様で、業種・職種も多岐にわたって人材が集まっています。

そうした中で仕事を継続していくと、非常に有益な技術や経験が身につき、磨かれます。

もちろん、ネームバリューもあってコネや人脈も広げやすい。

だから、会社を離れ独立していく人材も多いのです。

学生や人事など、視点が違えば会社の見方も変わってきます。

人気企業ランキングは、あまり激変することはないとは思いますが、こういったデータに左右されず、自分に合った企業を見つける事が一番大事ですね。

転職人気企業ランキングに関しては、以下のページも参考になると思います。

社会人が選ぶ転職したい企業人気ランキング2014

女性が転職したい人気企業ランキング、職種と年代・未婚既婚別

海外各国の学生に人気の企業ランキングを発表

東大・京大・早慶・東工大就活生に人気の企業、業界、希望年収ランキング

もう一度転職するなら、転職したい企業ランキング

みん就2015卒予定の就職人気企業ランキングを発表