英語を使う仕事の種類

英語を公用語にする企業・会社が出てきたりと、英語を使用する仕事の種類が増えてきていますね。

日本人の英語に対する認識度は高いのですが、英語の使用度は非常に低いのはご存知の通り。

英語を話しているのは分かっていても、聞き取りや返答ができない人が殆どでしょう。

書き取りなどは意外とできる人も多いですが、仕事などで使用するビジネスレターとなると微妙な感じ。

こういった日本の英語の現状を踏まえて、英語を公用語にした会社・企業はちょっと急ぎすぎな感がありますが、何とか現状を打破したいという気持ちが見え隠れしているのように感じます。

英語を使用する仕事の種類

では、実際英語を使用した仕事の種類はどれ位あるのでしょうかね。

通訳、翻訳、ホテル従業員、英会話スクール、輸入品・貿易関連、商社、外資系企業各社、国際的な観光地での接客業、ツアーコンダクター・海外添乗員・・・などなど。

こうやってあげていてもきりが無いくらい英語を使用する仕事・業種・職種はあります。

通訳・翻訳や商社、外資系企業は、はっきりいって英語が使用できなければ仕事にならない位必要な職業と言えるでしょう。

更に海外進出する企業も多くなり、ネットで海外と取引する事も多くなり、どの様な業種や職種であっても英語力を求められる事も多くなっています。

外資系や商社では英語は必須

商社は、会社の規模に関わらず海外との渉外交渉の場面は必ずありますので、ビジネスレベルの英語力は必要です。

総合商社系の企業であれば3カ国語位話せないと厳しい状況もあります。日本語、英語と後は任せますが、現地法人へ出張の機会も多く英語は必要です。

外資系企業も本社会議に出席したら英語です。本社からの連絡も全て英語であり報告も英語です。

英語が使用できなければ、何もできずに終わってしまうでしょう。

輸入品をあつかっている会社など貿易関連の会社も英語を使用する場面は非常に多いです。

国内から海外へ買い付けたり、海外から日本で販売したいなどの連絡は頻繁にありますので、英語が話せないと厳しいです。

小さな会社ですと貿易事務などといった英語を話せる事務の仕事がありますね。

外国人観光客にも英語は必要

なにも海外と接点がある会社だけが、英語が必要なわけではありません。

富士山や箱根、京都、浅草、など世界的に有名な観光地では、外国人観光客への接客業でも英語が必要になってきます。

お土産屋さん等で使用する英語のレベルは高くありませんが、海外の様々な国の英語ですので、聞き取りが非常に大事になってきます。

京都クラスの国際的な観光地ともなると、ホテルのみならず旅館でも英語を使用できる人が多いです。

例えば、イギリスとアメリカの英語の発音が違うように、ドイツ・インドなども独特な英語の話し方をします。

更に英語圏内だけでも英語の発音が異なる事も多く、何を言っているのか分からない事も多々ありますので、分からない事を失礼の無いように分からないと言える様にしておかなければなりません。

英語を使用した仕事へ転職したい方におすすめの転職エージェントは以下の通りです。

語学を活かして働きたい方に。海外への転職はJAC Recruitment