自分で会社を辞めますと言えない人の為の退職代行サービスが話題に

最近、退職代行と言う自分で会社を辞めますと言えない人の為のサービスが話題となっているそうですね。

自分で会社を辞めますと言えない何て・・・だから最近の若者は・・・などと考えてしまいがちですが、これまでの幾つかあった会社側の引き留め工作一覧を見てみると一概に否定出来ない部分もあります。そんな引き留め方ある?と言う事例も多いですよね。

中には、自分で会社を辞めると言えても辞めさせてくれない何て事もあるようで、一体会社側も何を考えているのか全く理解出来ない領域になっていますね。確かに恐ろしくて辞めるなんて言えない雰囲気ですよね。

退職代行サービスが出来た理由も、そういった会社が多いからとなっています。

退職代行サービスの料金の相場を見てみると、大体3万円から5万円となっており意外と高額。

この様な業態は参入障壁が低い為、退職代行サービスが当たり前となると似たようなサービスを行う人達が増加するでしょう。
前払い料金だけ貰ってトンズラされ、結局退職出来ない何て事も業者によっては出てきます。
後払いでも同様のトラブルは出るでしょう。

会社退職時のトラブルで第三者が出来る事は範囲が定まっていますので、どの業者も同様のサービスです。となると信頼度の高い業者を選ぶ事が第1となります。いずれ比較サイトやランキングサイトも登場しそうです。

意外と高額なので、最初から自分で弁護士に依頼した方が良い気もしますが、自分で会社を辞めると言えない方は、大ごとにはしたくないなどの意識が働き自分で弁護士にも依頼出来ないのかも知れませんね。

メールで退職届、LINEで退職届、そして他人に退職代行、次は内定辞退代行サービスも出てきそうです・・・

退職代行とヘッドハンターは代理人

退職代行サービスに関しての予測が当たってしまってワーイワーイ・・・なんて言っている場合ではないですね・・・
最近では内定辞退セットが人気だそうで・・・当たるなら宝クジが当たって欲しかったですねぇ。

退職代行サービスに対して否定的な意見が多いですが、前述の通り『恐ろしくて辞めるなんて言えない雰囲気』の会社に自分がいたらと想像すれば理解出来るかも知れませんし、以前書いた通り代理人制度が一般の転職でも増えてきたと考えてみると良いでしょう。

ブラック企業を優良企業に変えることはできる

転職エージェントは仲介人ですがヘッドハンターは代理人です。
ヘッドハンターは良くて退職代行はダメという理由は成立しませんよね?

交渉ごとは代理人に任せて自分達は仕事に集中する事で高いパフォーマンスを維持できると考えれば退職代行サービスも良いのではないでしょうかね。

ただ、やはり悪い方も的中していますので、悪徳業者には注意して下さいね。

Q:外資系企業など英語を使用する仕事へ転職したいのですが、どうしたら良いですか?
A:JAC Recruitmentキャリアクロスを利用しましょう