出戻り社員を再雇用、オリックスが一度会社を辞めた社員のカムバック制度導入、転籍や5年間休職制度も

配偶者転勤による勤務地変更・休職などの人事制度を新設
http://www.orix.co.jp/grp/news/2016/160302_ORIXJ.html
一度辞めた会社に戻るいわゆる出戻り社員を再雇用する制度の導入をオリックスが発表しています。
カムバック再雇用制度と名付け、オリックスグループに勤続3年以上で有れば出戻り可能。転職で辞めた社員も出戻りOKとなり、職種や役職など等級は退職の時を保証するとなっている。
大抵出戻り社員の待遇は冷遇されがちですが、オリックスは凄いですね。
しかも、オリックス本社のみでなく、オリックス不動産、オリックス自動車、オリックス・レンテック、オリックス生命保険、オリックス銀行、オリックス・クレジット、オリックス債権回収、オリックス環境、オリックス資源循環、オリックス・システム、エヌエスリースの計12社が対象となっています。
オリックスが導入した人事制度は出戻り社員カムバック制度だけでなく、配偶者転勤による勤務地変更や最大5年間の休職制度、そして転籍希望制度も導入する。
配偶者が転勤し、その地域エリアで働くことが困難な場合に適用され、配偶者はオリックスグループ社員で無くとも良い。休職制度の最大5年間と言うのはあまり聞いたことが無い。
時代にあった働き方の多様化は、小回りが効く中小企業から行うのが順序としては正しいのですが、オリックスの様な大企業が進んで行う事で主流となる可能性が有る。