オリックスが出戻り社員採用のカムバック再雇用制度を導入

配偶者転勤による勤務地変更・休職などの人事制度を新設
オリックス株式会社(本社:東京都港区、社長:井上 亮)は、このたび、オリックスグループの国内各社において、社員の柔軟な働き方を一層支援することを目的に、配偶者転勤に伴う「エリア変更制度」「休職制度」、退職理由を問わず再入社できる「カムバック再雇用制度」やグループ会社間の「転籍応募制度」を新たに導入しましたので、お知らせします。
http://www.orix.co.jp/grp/news/2016/160302_ORIXJ.html

オリックスが、退職し辞めた社員が会社に出戻り再雇用する、カムバック再雇用制度の導入を発表しています。

オリックスのカムバック再雇用制度とは

カムバック再雇用制度の対象者はオリックスグループの会社に勤続3年以上であれば出戻り可能となっているカムバック再雇用制度となっています。

オリックス退職時の理由は問わず転職で辞めた社員も出戻り可能となっており、職種や役職など等級は退職の時を保証するそうです。

大抵、出戻り社員の待遇は足元見られて冷遇されがちですが、オリックスのカムバック再雇用制度は良いですね。

しかも、オリックス本社のみでなく、カムバック再雇用制度の対象となっているオリックスグループの会社は、オリックス不動産、オリックス自動車、オリックス・レンテック、オリックス生命保険、オリックス銀行、オリックス・クレジット、オリックス債権回収、オリックス環境、オリックス資源循環、オリックス・システム、エヌエスリースの計12社が対象となっています。

カムバック再雇用制度だけではないオリックス

オリックスが導入した人事制度は出戻り社員のカムバック再雇用制度だけでなく、配偶者の転勤による勤務地変更や最大5年間の休職制度となる配偶者転勤休職制度、そして転籍希望制度も導入しています。

配偶者転勤休職制度は、配偶者が転勤となり、その地域エリアで働くことが困難な場合に適用される制度となっています。
配偶者はオリックスグループ社員で無くとも良く、最大5年間の休職制度は企業の中では長期間の部類ですね。

オリックスではカムバック再雇用制度や配偶者転勤休職制度、転籍希望制度の他にも多くの働き方改革による人事制度を導入しています。

45歳からのキャリアチャレンジ制度シニア社員向け社内公募制度など、若年層だけでなく中高年層の社員に向けての制度も導入しています。

時代にあった働き方の多様化は、小回りが効く中小企業から行うのが順序としては正しいのですが、オリックスの様な大企業が進んで行う事で主流となる可能性があります。

オリックスへの転職と評判

働き方改革による働きやすい環境となっているオリックスへの転職を考えている人は多いようです。

オリックスの口コミ評判は高評価となっており、口コミ評判でも前述のカムバック再雇用制度、配偶者転勤休職制度などの人事制度の充実を高評価としている社員が多いです。

オリックスへの転職は求人サイトからでも出来ますし、オリックスグループの求人も意外と多くあります。

おすすめ転職エージェントの比較と評判
http://lifesloves.wp.xdomain.jp/archives/67390042.html

おすすめ正社員求人サイト比較、口コミや評判ランキング
http://lifesloves.wp.xdomain.jp/archives/67389967.html

上記の求人サイトにはオリックスグループの求人が確実にありますので、オリックスグループへの転職を考えている方は参考にして下さい。