面接が上手く行く効果的な履歴書と職務経歴書の書き方

面接には履歴書や職歴書などの応募書類を提出しますが、採用に繋がる効果的な書き方を知りたい人は多いでしょう。

一度でも採用担当となった方は分かると思いますが、応募者の履歴書の書き方も様々です。用紙、書く道具、字、情報量などなど。

どれが正しい履歴書の書き方かは一概には言えませんが、有る程度様式は守った方が印象としては良いでしょう。

履歴書の書き方は例文通りで大丈夫

最近では転職・就職サイトなどに定型フォーマットや履歴書の書き方ページなどが用意されていますので、参考にしてみましょう。

おすすめ転職サイトには履歴書の書き方は必ず掲載されていますので、『おすすめ正社員求人サイト比較、口コミや評判ランキング』から探しましょう。

なぐり書き、鉛筆、写真無し、必要事項未記入などは、例え優秀な方でも問答無用で不採用になる可能性がありますので注意して下さい。

履歴書と同じく提出する資料として職務経歴書が有りますね。転職時には職務経歴書を元に面接を行いますので、履歴書よりも重要と言えるでしょう。

職務経歴書の書き方は面接時の自己PR資料として

転職サイトには履歴書だけでなく、職務経歴書や自己PRなどの書き方や定型フォーマットなどが有りますので参考にしてみましょう。

職務経歴書に入社退社の連続だけでは、ちょっと厳しいです。

履歴書と違い、職務経歴書は手書きである必要は有りません。
応募レジュメを流用して面接時に話し易い様にしておくと良いでしょう。

応募レジュメには無い項目を自分で考え、面接でアピール出来るならば効果的。

必要書類を完璧に揃えてイザ面接へ・・・履歴書と職務経歴書どころか、自己PR迄も全く読まない見ない面接官にガッカリ・・・何て事もありますが、面接後に効果を発揮しますので無意味ではありませんよ。

転職エージェントに添削してもらう

転職サイトに履歴書や職務経歴書の例文や書き方が掲載されていますが、転職エージェントには履歴書や職務経歴書の添削サービスがあります。

おすすめ転職エージェントは添削も上手いですので、『おすすめ転職エージェントの比較と評判』で探しましょう。

転職サイトを参考にして応募したのに書類選考で不採用が続く場合や、例文には当てはまらない場合には転職エージェントに添削してもらうと良いでしょう。