親が考える子供や孫に入社して欲しい企業ランキング

子供や孫に勤めてほしい企業は? トヨタ、全日空、任天堂など上位
親にも祖父母にも人気の企業はトヨタ自動車、全日空(ANA)-。与信管理サービス会社「リスクモンスター」(東京都千代田区)の調査で、こんな結果が分かった。
 調査は昨年11月、従業員5千人以上の企業に勤める20~69歳の男女1千人を対象に、子供や孫に勤めてもらいたい企業を聞いた。
 それによると、「子供に勤めてほしい企業」のトップは「トヨタ自動車」。以下、「全日空」「任天堂」「三菱東京UFJ銀行」が続き、9位に「グーグル」、11位に「アップル」など外資系IT企業が食い込んだ。理由(自由回答)は、「安定している」「給与が高い」が多いのに加え、「本人の希望」「自分が希望していた」という回答が目立った。
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/130210/ecd1302101003002-n1.htm

最近では子供の就職に関して親が出てくる場合が多くなっていると聞きます。
そんな中、与信管理サービスのリスクモンスターが、親・祖父母世代に対して子供・孫に勤めて欲しい企業ランキングを発表しています。

■子供に勤めて欲しい企業 ランキング

  1. トヨタ自動車
  2. 全日本空輸(ANA)
  3. 任天堂
  4. 三菱東京UFJ銀行
  5. サントリー
  6. タニタ
  7. オリエンタルランド
  8. キリンビール
  9. Google
  10. 三菱商事
  11. Apple
  12. ベネッセコーポレーション
  13. 三井住友銀行
  14. 東日本旅客鉄道(JR東日本)
  15. 武田薬品
  16. 味の素
  17. 東海旅客鉄道(JR東海)
  18. 日本航空(JAL)
  19. 日本電信電話(NTT)
  20. 電通

■孫に勤めて欲しい企業 ランキング

  1. 全日本空輸(ANA)
  2. トヨタ自動車
  3. 三菱商事
  4. 武田薬品
  5. 日本放送協会(NHK)
  6. 花王
  7. 味の素
  8. サントリー
  9. 東日本旅客鉄道(JR東日本)
  10. 三井物産
  11. 三菱東京UFJ銀行
  12. 本田技研工業(ホンダ)
  13. 日本航空(JAL)
  14. 電通
  15. タニタ
  16. 伊藤忠商事
  17. 資生堂
  18. キヤノン
  19. 日本電信電話(NTT)
  20. 日本テレビ

上記のようなランキング結果となっており、中々面白いですね。
こちらも見ておくと良いでしょう。
■子供や孫に勤めてほしい企業ランキング2013
両方共にインフラである電気やガス・水道などが入っていないのが最近の傾向と言えるでしょう。
しかし、親・祖父母に人気なのも大学生が選ぶ人気企業と似通っている部分があり、結構親などの影響を受けて就職先を考える子供は多いと思われる。
親世代ではゲーム企業やIT企業、今流行のタニタなどが入っていますが、商社が入っていません。
逆に祖父母世代だと商社が入っており、世代によっても有名人気企業の違いが分かりますね。
なぜ選んだのか理由も掲載されており、安定・給料・社員保護・休みなどが上位となっています。
にも関わらず赤字・激務でリストラをしている企業がランクインしている事から、あまり世情に詳しい訳ではないのでしょう。
こうやって見ると、子供と就職に関して話が合わない親は多いのではと思ってしまう。
就職を控えた学生たちは、親や祖父母の意見を聞きつつ、それを参考にした上で企業を選ぶと良いでしょう。
文句言われても知ったことではなく、自分の人生ですからね。自分で決めましょう。