トヨタとリコーが東京五輪期間中は在宅勤務を決定、リモートワークの普及進むか

トヨタ自動車とリコーが東京五輪開催期間中は在宅勤務となる事が報道されています。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46822600R00C19A7TJ1000/

東京都は東京五輪開催期間中での渋滞や満員電車など交通インフラの混在を懸念しており、テレワーク導入経費の補助を行なっており、大手企業は大体テレワークを実施する予定となっています。

近年、リモートワークを導入する企業は増加しており、新しい働き方や働き方改革の一環などとして促進する動きが多くなっています。

少し前と比較してもリモートワーク用のソフトウェア・アプリケーション、Webサービスのプラットフォームを利用していたりとリモートワーク環境のツールも充実してきています。

しかし、ハードルが幾らか下がったとは言え導入するにはまだ高い方かも知れません。

リモートワークはITエンジニアだけと思われがちですが、規模にも寄りますが、むしろIT系リモートワークの方が環境を整える事が難しい。比較的簡単に導入できるのは営業だったりします。

喫煙を休憩と捉える方が多いくらいですから、ちょっとまだまだでしょうかね。