40代以上バブル世代は転職かリストラかの2択を迫られている

中途採用の求人募集も非常に多くなり、人手不足の影響も有り対象年齢も引き上げられ、残業時間や有給休暇など待遇面も改善し始め、多くの人が転職に有利な印象を持っていると思います。
しかしながら不安要素も多く、ロボットやAIは言わずもがな、最近では40代以上のバブル世代を対象とした早期希望退職やリストラが徐々に始まっています。
前述の通り転職市場は賑わっていますが、40代以上のバブル世代向け求人は未だ少ない状況です。
学歴不問や年齢不問の求人は多く有りますが、ハイスペック人材もしくはロースペック人材どちらか極端の募集になっています。もちろん給料も高給か低給どちらかになります。
単なるプライドの問題ならば、いざとなれば転職に踏み切れると考えている人も多く、自らリストラを待っているのでしょうか。バブル世代のプライドは高く、なぜか自分は出来る人材でリストラを他人事と考えている方も多いです。
そして更なる不安要素から目を背けてしまっています。
その更なる不安要素とは、求人に掲載されている業務内容の意味が分からない。要は完全にスキルと経験不足からくる不安。
急激な社会変化に伴い、急激に仕事内容も変化しており、40代以上のバブル世代は確実にその不安を見に染みている筈です。
マネジメント経験があれば大丈夫と思っていそうですが、マネジメント経験があったとしても同じ事で、むしろマネジメント業務の方が昔とは大きく異なります。部下が行なっている業務が理解できない。要は年功序列によって昇格しただけの管理職。
求人の仕事内容見ても理解できないのですから、当然現在の会社を辞めたくない。
今の会社なら通用する大丈夫・・・大丈夫と目をそらす。
本人は気付いているか分かりませんが、長らく同じ状況に浸かっていたお陰で腰に根が生えてしまっており、20代や30代の様な身軽さは全て土に吸収されてしまっています。
何も無理に転職する必要はなく、今からでも多くの経験や勉強をする必要が有ります。
何を経験して何を勉強したら良いのか分からない方は、自分が応募してみたい求人を見て、何が自分に足らないのかを考えましょう。
ただボーッと求人を眺めるのではなく、折角こう言う人材が欲しい!と書いてくれている訳ですから大いに活用しましょう。