リストラ対象となる社員はこんな特徴の有る人

ネガティブな人、反抗心だけはある人 リストラされやすい
http://www.news-postseven.com/archives/20151212_369677.html
景気が回復基調となっていてもリストラは有ります。
東芝は21日にも正式にリストラを発表する見通しと報道されており、更にアメリカの大手金融会社であるモルガン・スタンレーでも1200人のリストラを行う予定となっている。
モルガンS、10-12月にリストラ費用180億円計上へ-1200人削減か
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NZ1RPF6JIJUZ01.html
東芝は不振となっている家電事業縮小に伴い同事業の社員を対象とするでしょうし、モルガン・スタンレーは成績不信社員はバッサリと言った感じでしょうか。
では、大体どのような社員がリストラされやすいのでしょうか。その特徴が挙げられています。
根暗な人
「気が弱く対人関係が苦手な人」「弱くてもろい、引っ込み思案な人」「すぐに腐ってしまう人」「自分に自信が持てない。消極的、悲観的、ネガティブな人」
ひとりよがりな人
「協調性がない、失敗を隠したがる人」「自分勝手、向上心がない、社交性がない人」「自分に甘く傲慢な人」「とにかく気が短い人」
ズボラな人、ルーズな人
「なんでも先延ばしにする人」「いいかげんで存在感がなさすぎ、頼りにならない人」「困難な仕事に対してすぐにあきらめる人」「無気力でだらしない人」
やさしくていい人、真面目な人
「おとなしくて自分の意見が言えない人」「自分を持たない人」「会社のいいなりになる人」「反抗できない人」
空気が読めない人
「おっとりとしていて、呑み込みが遅い人」「いつも話のピントがずれている人」
会話ができない人、表現下手な人
「自分の意見を求められても言えない人」「何も言えないのに反抗心だけはある人」「コミュニケーションをとれない人」
かなり的を得ており具体的に書かれている。
これらはリストラ対象になりやすい人だけでなく、仕事が出来ない人や評価されにくい人などネガティブ要素の特徴でも有りますので参考にしてみると良いでしょう。
優良ホワイト企業を探そう、中途採用の求人情報一覧ページ
本当にリストラされてしまったら上記ページを参考に再就職先を探しましょう。
かなり多くの方々が当て嵌まると感じたと思うでしょうが、実際には複数当て嵌まる人がリストラ対象となります。
コミュニケーションが苦手は人は協調性が有りませんし、空気も読める訳でも無く、もちろん会話が出来ない。
反抗出来ないと言うことは不満を心に持っており、言わないと言うことは言っても無駄と言う悲観的でネガティブな性格が見え、困難な事を任せるには難しい。
と言った感じです。
しかしながら、最初から目を付けられており、上記を理由としてリストラされるパターンも有りますので、リストラへの対策は、なるべく多くの人とコミュニケーションを多く取る事と考えておくと良いでしょう。社内で孤立しているとリストラ対策をする事も困難。情報も入ってこない。