社員が成長できる企業・組織ランキング、財務省や日本経営、千代田化工建設が上位

「社員が成長できる企業」ランキング――1位は?
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1407/23/news055.html
前回に続いてVorkers調査で、今回は社員が成長できる企業・組織のランキング。

社員が成長できる企業ランキング

1位 財務省
2位 日本経営
3位 千代田化工建設
3位 裁判所
5位 出光興産
6位 ボストンコンサルティング
7位 サントリー
8位 プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)
8位 ザイマックス
10位 小松製作所
11位 Google
12位 ユニ・チャーム
13位 三井物産
14位 伊藤忠商事
14位 堀場製作所
16位 インクグロウ
16位 陸上自衛隊
16位 エル・シー・エーホールディングス
16位 丸紅
20位 三菱商事
21位 GEヘルスケア・ジャパン
21位 日本電信電話(NTT)
23位 航空自衛隊
23位 野村證券
23位 帝人
26位 ゴールドマンサックス証券
27位 博報堂
27位 旭化成
29位 日揮
30位 武田薬品工業
この様な結果となっており、トップは財務省、2位は日本経営となりました。
ここにはVorkers定番のリクルート系がザイマックス位しか見当たりませんね。中々幅広い方が口コミを寄せている様です。
理由としては大体若手の内から重要なポジションに就いたり、ビジネスの現場に放り込まれたり、海外事業などと言う事が挙げられています。
大体、実績を求められる企業では成長すると感じている様ですね。
成長出来るか否かは自分次第ですが、イマイチやる気が出ない方は参考にして見ると良いかも知れませんね。
働きがいのある企業ランキングに関しては、以下のページも参考になると思います。
働く人に魅力的な企業ランキングを発表
働きがいのある日本の会社ランキング2014を発表
本当にいい会社ランキングを発表、ヴォーカーズは働きがいのある企業ランキング2014
2012年世界の働きがいのある優良企業100社と日本の働きがいのある企業30社