ニッタ・ハースとダウ・ケミカル日本、ナノメトリクス・ジャパンが中途採用を行っています

産業機械向け伝動用ベルトなどゴム製品国内大手メーカーのニッタ、東証1部上場企業ですね。
そのニッタと、東証へ上場した初の外資系企業であり、NYSE上場の世界最大級の化学メーカーであるダウ・ケミカルが共同出資した合弁会社がニッタ・ハース。
ニッタ・ハースは半導体用研磨パッドのメーカーで、国内シェアトップクラスです。
そんなニッタ・ハースが社内SEの中途採用を行っています。
応募資格は製造業でのERPやSAPなどの運用管理経験者が対象となります。
勤務地は京都の京田辺、給与は月給46万8750円以上、福利厚生も整っています。
さて、前述のダウ・ケミカルの日本法人であるダウ・ケミカル日本も求人募集をしていますので見ていきましょう。
募集職種はポリエチレン製品の営業を行うテクニカルセールス。
ダウ・ケミカル日本の求人募集ページ
応募資格は理系大卒以上、通信・電気系商材や業界の営業経験者でビジネスレベルの英語力を有する方が対象となります。
勤務地は東京の品川、給与は想定年収で700万円以上、福利厚生も幾つか用意されています。
最後はアメリカNASDAQ上場の半導体製造装置メーカーであるナノメトリクス。
そのナノメトリクス日本法人がナノメトリクス・ジャパンとなります。
そんなナノメトリクス・ジャパンがアプリケーションエンジニアの中途採用を行っています。
応募資格は物理や数学など理系大卒以上、半導体業界でのプロセスエンジニアかアプリケーションエンジニア経験者でネイティブレベルの英語力を有する方が対象となります。
勤務地は広島、給与は年俸600万円以上、福利厚生も幾つか用意されています。
これら業界に興味のある方は応募を検討して見ては如何でしょうか。
ニッタ・ハースの求人とダウ・ケミカル日本の求人、ナノメトリクス・ジャパンの求人はコチラ。
優良ホワイト企業を探そう、中途採用の求人情報一覧ページ