三菱自動車工業とビステオン・ジャパンが中途採用を行っています

今年度は色々とあった三菱自動車、来年度からは新たな展開となるかが注目されています。
先日は、新体制への人事が発表され、益子修社長が会長兼CEO、相川哲郎常務が社長兼COOに6月25日付けで就任予定。三菱自動車がCEOとCOO職を導入するのは初めてとなります。
少し前にも求人募集を何度か行っていましたね。
■三菱自動車工業が各種生産技術と設計開発の中途採用を行なっています

過去最高の営業利益となっている三菱自動車工業。 しかしながら今年は、バッテリー問題、リコール問題、ルノー・日産との共同プロジェクト、電気自動...
その三菱自動車工業が今回も同じく、自動車設計・開発・試験などの中途採用を行っています。
応募資格は理工系大卒以上、もしくは同等の知識。いずれも関連業務経験者が対象となります。
勤務地は岡崎、給与は月給20万3000円以上、福利厚生も整っています。
もう一つは、アメリカNYSE上場の自動車電装メーカーであるビステオン。
先日は、ジョンソンコントロールズの自動車電子機器事業部門を買収し、更に初のコンセプトカーも発表している様子。
そのビステオンの日本拠点がビステオン・ジャパンとなります。
そんなビステオン・ジャパンが営業と各エンジニア、社内SEの中途採用を行っています。
応募資格は学歴不問、英語力は必須、いずれも3~5年以上の関連業務経験者が対象となります。
勤務地は営業とエンジニアが横浜、社内SEが横浜と広島で募集をしていますので確認をしておきましょう。
給与は上限800万円、アプリケーション・システムのリードエンジニアは上限1000万円、福利厚生も幾つか用意されています。
これら自動車業界に興味のある方は応募を検討して見て下さい。
三菱自動車工業の求人とビステオン・ジャパンの求人はコチラ。
優良ホワイト企業を探そう、中途採用の求人情報一覧ページ