残業が少ない会社ランキング、業種や職種別でも比較する

長時間残業も以前より減ったと思われますが、皆さんの会社の時間外労働は何時間位でしょうか。

最近では求人情報に残業時間を記載する事が多くなっており、働きやすい職場環境やワークライフバランスと言う求人PRの文言を良く見ます。
長時間残業を行ったとして社名を公表された会社も有り、昔よりは残業に対する考え方もマシになったと言う感じでしょうか。

そんな中、残業の少ない会社ランキング500社を東洋経済が掲載しています。

残業の少ない会社ランキングは上場企業を対象としたアンケート調査の結果をランキングしており、人手不足の影響からか回答している会社も約32%と以前よりも多いのではないのでしょうか。

しかし単純に残業が少ない会社と言っても給料も低かったら継続する事が困難になってきますので、会社員の平均年収450万円程度を覚えておくと良いでしょう。

残業の少ない会社ランキング2016

残業の少ない会社ランキングの中で平均年収450万円未満の会社には記号を付けていますので参考にして下さい。

  1. 日本テクノ・ラボ
  2. アイサンテクノロジー
  3. トライアイズ
  4. ムラキ ▼
  5. ハリマ共和物産
  6. フジックス ▼
  7. テイツー ▼
  8. 日本フエルト
  9. 佐渡汽船 ▼
  10. 東海染工
  11. 伯東
  12. サンコーテクノ
  13. 福島印刷
  14. ヤマト インターナショナル
  15. ソーダニッカ
  16. スパンクリートコーポレーション
  17. 山下医科器械
  18. ピジョン
  19. インタートレード
  20. 田谷 ▼
  21. 扶桑薬品工業
  22. クリエイト・レストランツ・ホールディングス
  23. ユアサ・フナショク
  24. 共同紙販ホールディングス
  25. くろがねや ▼
  26. カイノス
  27. ワキタ
  28. ファーストエスコ
  29. 大倉工業
  30. アスモ ▼
  31. エス・サイエンス ▼
  32. ラピーヌ
  33. ポバール興業
  34. Misumi ▼
  35. プロルート丸光 ▼
  36. アドバネクス
  37. 杉本商事
  38. 北陸電気工業 ▼
  39. フォーシーズホールディングス
  40. ドウシシャ
  41. 南海プライウッド ▼
  42. プラマテルズ
  43. ラサ商事
  44. 三愛石油
  45. ビーアールホールディングス
  46. 音通
  47. ヤマザキ ▼
  48. 資生堂
  49. 大日本住友製薬
  50. ケア21 ▼
  51. 東京ソワール
  52. 日本ケミファ
  53. 鈴縫工業
  54. メディパルホールディングス
  55. オータケ
  56. クリエートメディック
  57. アキレス
  58. 和田興産
  59. イサム塗料
  60. JEUGIA ▼
  61. セリア
  62. J.フロントリテイリング
  63. 昭和パックス
  64. 大建工業
  65. グンゼ
  66. エコートレーディング
  67. 亀田製菓
  68. サイボー ▼
  69. さいか屋 ▼
  70. 東京ドーム
  71. フジトミ
  72. 三信電気
  73. 日本コンベヤ
  74. 萬世電機
  75. 極東貿易
  76. ドミー
  77. 星光PMC
  78. サトーホールディングス
  79. シチズンホールディングス
  80. 富士興産
  81. エスアールジータカミヤ
  82. 大日精化工業
  83. フロイント産業
  84. 山喜 ▼
  85. YKT
  86. ミヨシ油脂
  87. シンニッタン
  88. 東亜ディーケーケー
  89. ベステラ
  90. 東洋インキSCホールディングス
  91. UCS
  92. モリト
  93. 白鳩 ▼
  94. 札幌臨床検査センター ▼
  95. コーセーアールイー
  96. 大伸化学
  97. 小林洋行
  98. 日鉄鉱業
  99. サンヨーハウジング名古屋
  100. ダイショー
  101. ヤマダコーポレーション
  102. FJネクスト
  103. 名古屋木材 ▼
  104. 新家工業
  105. エクセル
  106. ANAP ▼
  107. サンエー化研
  108. キヤノンマーケティングジャパン
  109. バイタルケーエスケー・ホールディングス
  110. 共和工業所
  111. 北國銀行
  112. 関西ペイント
  113. 島津製作所
  114. 富士製薬工業
  115. 日本パレットプール ▼
  116. 北雄ラッキー
  117. スガイ化学工業
  118. ナトコ
  119. ディジタルメディアプロフェッショナル
  120. 因幡電機産業
  121. 鶴弥
  122. 東邦亜鉛
  123. 高見澤
  124. イオン北海道
  125. トクヤマ
  126. 日本石油輸送
  127. イオンモール
  128. キムラ ▼
  129. 日本パワーファスニング ▼
  130. HIOKI
  131. ミタチ産業
  132. ファンケル
  133. JMS
  134. ジーンテクノサイエンス
  135. 大谷工業
  136. 東洋ビジネスエンジニアリング
  137. 大阪チタニウムテクノロジーズ
  138. 日伝
  139. ダスキン
  140. 三洋化成工業
  141. 巴コーポレーション
  142. 淀川製鋼所
  143. 本多通信工業
  144. ワイヤレスゲート
  145. オリンパス
  146. クラボウ
  147. エス・ディー・エス バイオテック
  148. 協和発酵キリン
  149. 加賀電子
  150. 西部ガス
  151. ダイトエレクトロン
  152. 三越伊勢丹ホールディングス
  153. ワールドホールディングス ▼
  154. FDK
  155. デンカ
  156. アイセイ薬局
  157. サカタインクス
  158. たけびし
  159. 東邦ガス
  160. 塩野義製薬
  161. 松井証券
  162. 出光興産
  163. 中央製作所
  164. 第三銀行
  165. マナック
  166. 東邦化学工業
  167. 東海カーボン
  168. オーナンバ
  169. アイコム
  170. ネオジャパン
  171. リズム時計工業
  172. ダイジェット工業
  173. ダルトン
  174. 片倉工業
  175. 小松精錬
  176. 銀座ルノアール
  177. サイネックス ▼
  178. サコス
  179. ロックペイント
  180. ハピネット
  181. ニトリホールディングス
  182. マルカキカイ
  183. 神栄
  184. 妙徳
  185. 川上塗料
  186. 日本特殊塗料
  187. 中央化学 ▼
  188. ソトー ▼
  189. 東京コスモス電機
  190. ケーズホールディングス
  191. モロゾフ
  192. 有機合成薬品工業
  193. 津田駒工業
  194. 石原産業
  195. ユシロ化学工業
  196. ニッカトー
  197. コモ ▼
  198. 信越ポリマー
  199. ながの東急百貨店 ▼
  200. 東京センチュリーリース
  201. リョーサン
  202. リコーリース
  203. パルステック工業
  204. 日清紡ホールディングス
  205. サカタのタネ
  206. ハウス食品グループ本社
  207. セーレン
  208. 第一工業製薬
  209. 田辺三菱製薬
  210. 日本ギア工業
  211. マルキョウ ▼
  212. 岩谷産業
  213. ハードオフコーポレーション
  214. 住友ベークライト
  215. 知多鋼業 ▼
  216. 神東塗料
  217. 河合楽器製作所
  218. 三陽商会
  219. スーパーバッグ ▼
  220. 東洋紡
  221. カネヨウ
  222. eBASE ▼
  223. 宮越ホールディングス
  224. 曙ブレーキ工業
  225. 長野計器 ▼
  226. NSユナイテッド海運
  227. セイコーホールディングス
  228. リンガーハット
  229. MS&ADインシュアランスグループHD
  230. ナガホリ ▼
  231. ほくやく・竹山ホールディングス
  232. アイカ工業
  233. 新電元工業
  234. ローム
  235. ニチコン
  236. マルコ ▼
  237. 相鉄ホールディングス
  238. マミーマート
  239. キヤノン
  240. 前澤化成工業
  241. TOKAIホールディングス
  242. マミヤ・オーピー
  243. ツカモトコーポレーション
  244. 第一実業
  245. ファルコホールディングス
  246. クレハ
  247. 大塚ホールディングス
  248. 多摩川ホールディングス
  249. 日本パーカライジング
  250. 日本精鉱
  251. 巴工業
  252. 山善
  253. ホクシン
  254. NTN
  255. 大石産業
  256. 三菱製鋼
  257. スーパーツール
  258. アートネイチャー ▼
  259. 日本空調サービス
  260. 昭和シェル石油
  261. アーバンライフ
  262. キッコーマン
  263. 三菱ガス化学
  264. 日阪製作所
  265. 椿本興業
  266. イワブチ
  267. 不二電機工業
  268. 日本化薬
  269. エフテック
  270. アドバンテスト
  271. 遠藤製作所
  272. アーレスティ
  273. 芙蓉総合リース
  274. メディカル・データ・ビジョン
  275. DIC
  276. 日信工業
  277. 夢テクノロジー ▼
  278. アウンコンサルティング ▼
  279. ポプラ ▼
  280. イハラケミカル工業
  281. 日立製作所
  282. 住友大阪セメント
  283. 加地テック
  284. 東洋ゴム工業
  285. 明治ホールディングス
  286. 東日本旅客鉄道
  287. 森永製菓
  288. ミューチュアル
  289. 南日本銀行
  290. 東京ガス
  291. トモニホールディングス
  292. 帝人
  293. ウインテスト
  294. ジョイフル ▼
  295. ケミプロ化成 ▼
  296. ゆうちょ銀行
  297. 昴 ▼
  298. 日本調剤
  299. モバイルファクトリー
  300. トマト銀行

残業が少ない会社ランキングは上記の通りとなっており、この他に200社が公開されていますので、気になる方は見ておくと良いでしょう。

公開!これが「残業の少ない」トップ500社だ
https://toyokeizai.net/articles/-/114381

残業が多いより少ない会社への転職

残業が少ない会社ランキングには平均年収が300万円程度の会社も有りますが、ブラック企業の一要素である長時間残業はクリアしていますので、業種や職種によっては転職も検討する方もいらっしゃると思います。

主婦の再就職でも子供が小さい場合は残業時間も気になるでしょうし、世帯年収の事を考えるとあえて平均年収が低い企業を選ぶ方もいらっしゃるでしょう。

個人や家庭によって事情が異なると思いますが、残業が多いより少ない方が良いのは間違いないでしょう。

残業が少ない会社ランキング2017

残業の少ない会社ランキングの2017年版も発表されています。

  1. 日本フエルト 1.1h
  2. ハーバー研究所 1.1h
  3. 北國銀行 1.3h
  4. 日本ケミファ 1.5h
  5. クラスターテクノロジー 1.6h
  6. ジーンズメイト 1.7h
  7. 山喜 2h
  8. ダイニチ工業 2h
  9. 山下医科器械 2.1h
  10. 東亞合成 2.3h
  11. キッセイ薬品工業 2.4h
  12. ケア21 2.5h
  13. 東洋インキSCホールディングス 3.1h
  14. 塩野義製薬 3.2h
  15. 東京ソワール 3.2h
  16. 丸井グループ 3.2h
  17. 和田興産 3.3h
  18. 杏林製薬 3.3h
  19. ローム 3.6h
  20. ハウス ロブ ローゼ 3.7h
  21. あすか製薬 3.9h
  22. プラマテルズ 4h
  23. アルフレッサ ホールディングス 4h
  24. モリト 4h
  25. IDEC 4.1h
  26. アスモ 4.2h
  27. 大倉工業 4.2h
  28. アキレス 4.2h
  29. リテールパートナーズ 4.3h
  30. 住友生命保険 4.3h
  31. アネスト岩田 4.4h
  32. コニカミノルタ 4.5h
  33. グンゼ 4.6h
  34. 日本新薬 4.7h
  35. J.フロント リテイリング 4.8h
  36. 日本山村硝子 4.8h
  37. 明治安田生命保険 4.8h
  38. 日清紡ホールディングス 4.9h
  39. 科研製薬 4.9h
  40. T&Dホールディングス 4.9h
  41. ミズノ 5h
  42. 大日本住友製薬 5.1h
  43. サトーホールディングス 5.1h
  44. キヤノンマーケティングジャパン 5.2h
  45. タキロン 5.3h
  46. 三信電気 5.3h
  47. 札幌臨床検査センター 5.5h
  48. トーア紡コーポレーション 5.6h
  49. ダイドーリミテッド 5.6h
  50. FDK 5.6h

東洋経済には100社迄掲載されていますので、残業の少ない会社に興味のある方は確認しておきましょう。

「残業時間が少ない」トップ100社ランキング
https://toyokeizai.net/articles/-/150528

残業少ない会社への転職が人気

そう言えばケア21は厚労省のパートタイム労働者活躍推進企業表彰の最優良賞を受賞していました。同じく最優良賞のオリエンタルランドは100位迄には入っていませんが公表していないかも知れません。

こうして見ると残業が少ない業界とも言えそうで、繊維・小売/卸・医薬業界の企業が多数を占めています。なぜ残業が少ないのかを考えていくと依り面白いと思います。

年収低いが自分の時間は多い会社、年収が高くて残業も少ない会社

後者の方に絶対入りたいでしょうけども、そういった企業は中途採用も少なければ、応募資格や条件も狭く受かる可能性は低い。

前者の方は中途採用も多く未経験でも採用されて受かる可能性も高い。

などと分析しても残業が少ない会社は大抵人気が高く応募倍率は相当なものとなりますので、どちらもシッカリと応募・面接に臨みましょう。

残業が多い業界と職種ランキング

口コミ評判から残業が多い業界ランキングと残業が多い職種のランキングが掲載されていました。

残業が多い業界ランキング

まずは残業が多い業界ランキングを見ていきましょう。

  1. コンサルティング、シンクタンク 83.5時間
  2. 広告代理店、SP、PR、デザイン 78.6時間
  3. 建築、土木、設計、設備工事 70.8時間
  4. 放送、出版、新聞、映像、音響 66.1時間
  5. 不動産関連、住宅 64.8時間
  6. インターネット 63.36時間
  7. フードサービス、飲食 62.03時間
  8. 情報サービス、リサーチ 58.43時間
  9. 証券会社、投資ファンド、投資関連 57.47時間
  10. 住宅設備、建材、エクステリア 56.59時間
  11. ゲーム関連、玩具 53.71時間
  12. 印刷、紙・パルプ、書籍、パネル 53.05時間
  13. SIer、ソフト開発、システム運用 52.66時間
  14. 人材、コールセンター、業務請負 50.7時間
  15. 理容、美容、エステティック 49.64時間
  16. 教育・研修サービス 49.07時間
  17. インテリア、雑貨、文具、スポーツ 49.07時間
  18. 食品、飲食 48.99時間
  19. 旅行、ホテル、レジャー、旅館 48.84時間
  20. 総合商社 48.72時間
  21. 監査法人、税理士法人、法律事務所 48.57時間
  22. 鉄鋼、非鉄金属 47.71時間
  23. 重電、産業用電気機器、プラント関連 47.45時間
  24. IT・通信機器(メーカー・商社) 47.19時間
  25. コンピューター、通信機器、OA機器関連 47.19時間
  26. 医薬品、医療機器(メーカー・商社) 46.32時間
  27. 医薬品、医療機器 46.32時間
  28. 通信、ISP、データセンター 46.19時間
  29. 生命保険、損害保険 45.7時間
  30. 機械関連 45.52時

残業が多い業界ランキング1位はコンサルティング/シンクタンク業界の83.5時間、次いで広告代理店/SP/PR/デザイン業界の78.6時間、建築/土木/設計/設備工事業界の70.8時間となっています。

残業が多い職種ランキング

次に残業が多い職種ランキングを見ていきましょう。

  1. 戦略コンサルタント 86.29時間
  2. マーケティングコンサルタント 85時間
  3. CIO、CTO 80時間
  4. プロデューサー、ディレクター(その他) 72.89時間
  5. 組織・人事コンサルタント 71.44時間
  6. 施工管理(建築・土木・設備・プラント) 71.23時間
  7. 業務プロセスコンサルタント 67.74時間
  8. インベストメントバンキング・コーポレートファイナンス 67.06時間
  9. プロデューサー、ディレクター(WEB・モバイル・ゲーム関連) 66.22時間
  10. 金融商品開発 66.15時間
  11. パイロット 63.33時間
  12. 物流コンサルタント 61.67時間
  13. 財務・会計コンサルタント 61.38時間
  14. セキュリティコンサルタント 61.38時間
  15. CFO 61.11時間
  16. デザイナー(その他) 59.99時間
  17. 投資研究・アナリスト・エコノミスト・ストラテジスト 59.23時間
  18. 店舗開発・FC開発・店舗管理 59.14時間
  19. 設計(建築・土木・設備・プラント) 58.94時間
  20. 研究・開発(医療用具・医療機器) 56.67時間
  21. 広報・広告宣伝 56.26時間
  22. ネットワークコンサルタント 56.04時間
  23. 法人営業 55.94時間
  24. 営業マネージャー・営業管理 55.89時間
  25. DB構築・設計エンジニア 55.43時間
  26. その他クリエイティブ系 55.23時間
  27. 販促 54.51時間
  28. 会計士・税理士 54.12時間
  29. その他専門職系 53.66時間
  30. プロジェクトマネージャー(汎用系) 53.21時間

残業が多い職種ランキング1位は戦略コンサルタントの86.29時間、次いでマーケティングコンサルタントの85時間、CIO/CTOの80時間となっています。

ホワイトカラー業界と職種は残業が多い

残業が多い業界と職種ランキングの口コミ結果ではありますが、コンサルタント業界とコンサルタント職種などホワイトカラーは軒並み残業が多くなっています。

その業界や職種の経験者で有れば大体の残業時間は分かると思いますが、同業界異職種、異業界同職種での転職時には分からないと思います。3位となっている建設業界もブルーカラーではなくホワイトカラーの残業時間が多いです。

企業によっても残業時間も変化しますが、業界や職種別の残業時間の目安として参考にしてみると良いでしょう。

求人ごとに残業時間が明記されている事も多くなっていますので、業界や職種別の残業時間と比較してみるのも良いでしょう。

業種・職種の求人一覧ページ

Q:外資系企業など英語を使用する仕事へ転職したいのですが、どうしたら良いですか?
A:JAC Recruitmentキャリアクロスを利用しましょう