ネクスコ東日本エンジニアリングが施行管理の中途採用を行っています

道路4公団が民営化され、そのJH事業を引き継いだのがネクスコ東日本。
北は北海道から東北、関東・首都圏周辺までが区分範囲となっていますが、東名・中央高速はネクスコ中日本の区分なのでちょっと影が薄い。
先日起きた、中央高速の笹子トンネル崩落事故はネクスコ中日本の区分。
そんなネクスコ東日本のグループ企業である、ネクスコ東日本エンジニアリングが施工管理者の中途採用を行っています。
ネクスコ東日本エンジニアリングの求人はコチラ。
優良ホワイト企業を探そう、中途採用の求人情報一覧ページ
応募資格は電気工事や点検の経験者、第一種/第二種電気工事士、第三種電気主任技術者、1級/2級電気工事施工管理技士の有資格者となっています。
以前にもハイウェイ・トール・システムの募集がありましたが、同様にETC設備の保守管理が主な業務となります。
契約社員採用となり2年毎の更新ですが、35歳以上だと基本給が高いです。
なぜ高いのか全く分かりませんが、35歳以上の方は興味があれば検討して見ましょう。