フォーリン・プレスセンターが取材支援スタッフの中途採用を行っています

日本の情報を海外メディアへ正しく報道してもらう為に経団連などが設立したフォーリン・プレスセンター。
それ以外にも、自ら日本の情報を発信し、海外メディアに配信をしたりもしています。
そんなフォーリン・プレスセンターが新規職員の中途採用を行っています。
応募資格は、大卒以上でビジネスレベル英語力必須となっています。
2年更新の契約社員採用となりますが、評価によって正社員登用もある。興味のある方は検討してみましょう。
もう一つ海外との接点が多い団体の求人募集があるので紹介します。
現在すっかり冷え込んでいる日本と中国の経済提携ですが、それを活性化させる事が目的の日中経済協会。
応募資格は大卒以上の40歳まで、日常レベルの中国語が必要となっています。
業務は、まぁ思っている通りの事を行います。要は企業同士の交流イベントなどですね。
名誉会長が御手洗冨士夫氏、現在の代表者は、あの張富士夫氏と凄い面子となっています。
正職員募集ですので、興味のある方は見ておきましょう。
公益財団法人フォーリン・プレスセンターと一般財団法人日中経済協会などの求人はコチラ。
働きやすい企業を探して転職しよう、中途採用の求人情報一覧