専門学校卒業生に新たな段位が!そんなあなたもブラックベルト

文部科学省が各業界で即戦力となる若者の育成をめざし、産学界を巻き込んで取り組む事がこれだ!
指定の専門学校卒業生には、新たな段位を授ける。
あなたは観光2段、そっちの人はIT3段、最後の人は介護初段と認定します…なんて事になるようですね。
現在でも専門学校卒は専門士という称号があり、短大卒の準学士と同等に扱われますが、意義は異なっています。
今回の黒帯段位認定が導入されると、更に資格などとも混同し言葉だけのものとして成る可能性は高いです。
しかも日本だけでやるとなると完全にガラパゴスになりますので、グローバルとはかけ離れてしまいますね。
ましてや人事採用をする人達が、そういった事を知っていなければ意味をなしませんので、資格でさえ良く分かっていない採用担当者が多いのに、余計混同する場合が増えてしまうと予測。
こういった称号好きには堪らないとは思いますが、就職や転職に役立つかと言ったら疑問ですね。