就職活動で使えるスーツの選び方、ヘアスタイルも併せてコーディネートしよう

一気に黒いスーツを着た男女がキャリーバッグをガラガラさせている光景を見かけるシーズンとなりましたが、冠婚葬祭にも見えます。この黒スーツは就活の定番となっていますので、多くの方はそれを倣っているのでしょう。
しかし・・・着れば良いってものではないのです。
家族や友人に会うのであれば例えスーツであっても着れば良いだけですが、就職活動でスーツを着る意味は或る種のビジネスとしての最初の場として考えておきましょう。
最近では情報も多く出回っていますし、間違った情報も殆ど有りませんので参考にしましょう。

就職活動で着る基本的なスーツ

スーツの色は黒・グレー・紺の系統、ダブルではなくシングル、ボタンは2つか3つ、ネクタイは原色を避ける。スーツに関してはこれらを守れば確実です。
ワイシャツの色は白を基本として原色でなければ何でも良い。
ベルトや靴、靴下の色も黒を基本として奇抜でなければ何でも良い。
ここ迄守ればネット通販で何も考えず購入してダボダボやピチピチ、裾足らずなどにならない限り大丈夫です。
アマゾンファッション スーツストア
楽天新生活特集ビジネスグッズ

就職活動での基本的なヘアスタイル

ヘアスタイルは特に決まりは無いですが、業界に合わせた髪型が良いです。
悪い例として、公務員の採用面接にド派手なカラーでグリングリンにセット、ファッション業界の採用面接にセンター分けのプリン状態でサラサラヘアースタイルなどが挙げられます。
簡単に分類すると流行を意識するか否かです。公務員に流行は無関係ですがファッション業界は関係あると言う事です。クリエイティブ系の企業では私服面接も実施する場合が有りますので、その事を頭に入れておきましょう。この面接には私服でお越しくださいに混乱する人もいますが、これも上記同様に業界に合わせた私服で面接に挑めば問題有りません。

就職活動でしてはならないコーディネート

コーディネートで最もしてはならない例はコチラです。
青のスリムスーツに襟が高いシャツ、白もしくは明るい茶系ベルトに妙に尖った茶系の靴、そして黒縁メガネのツーブロック。
上記コーディネートこそ真のリクルート系の着こなし方です。
ちょっと何言っているのか分からない人がいると思いますが、これはリクルート系社員のスーツの着こなしです。広告系では非常に多いですが同じ様なスーツを就活で着ていくと嫌な顔をされます。アンタも着ているだろ!と言いたくなるでしょうが着るのはやめましょう。
しかも人によっては上記着こなしが大嫌いな人もいます・・・理由は・・・ご想像にお任せします。

就職活動時点では基本的なコーディネート

スーツにしても髪型にしても面接時点では定番を購入しておき、入社してから自身のセンスを活かしたスーツを購入する方が効率的です。何着も購入する余裕があるなら別ですが。
何処で就職活動のスーツを買えば良いのか分からない方はチョット・・・検索してみましょう。
それでも分からないのであればアオキ、青山、コナカ、はるやまで良いでしょう。
いずれの会社もリクルートスーツ販売に力入れていますし、若者向けのスーツブランド展開も行なっていますので、おかしな事にはなり難いです。