40代以上の給与減少は未経験求人で転職する人がいるから、介護離職で時間の融通の利く仕事へ

前回投稿では40代や50代の中年世代の平均給与が減少しており、賃上げの恩恵を受けていない事でした。
40代や50代の景気が悪い、賃上げどころか平均給与が減少する

日経が以下の様な記事を掲載していました。 賃上げ、取り残される団塊ジュニア若い世代優先で 賃上げの恩恵がない40代を採り上げており、全世代...
若い世代と比較して格差が出るのが転職がし難くなる中年世代というのも考えものですね。
気付いた時には平均年収以下から上がっていない人も多いのではないでしょうか。
しかし、もう少し他の原因が有るのでは無いかと考えてみると、最近では40代や50代、中には60代でも未経験歓迎の求人が増えています。
その様な中年世代の未経験求人に応募する40代や50代も多いですから、平均給与が減少したもう一つの理由として挙げることが出来ます。
中年で未経験での転職ですから、当然給与は下がります。
そんな事は求職者側も理解しており、それでも転職したいと考える方が多いのでしょう。
更に40代以上や50代以上の人員削減対象となってしまったり、早期希望退職へ応募した中年世代も合計すると結構な人数となります。退職金を手にして終わりではなく、その後に転職した可能性も非常に高いでしょう。以前書いた様に経験を積んだ仕事よりも新たな職種の仕事を選ぶ人も一定数いらっしゃいます。中年世代未経験求人は願っても無い求人だと思います。
そして、更にもう一つの理由が介護離職と呼ばれる事です。
親の介護を行う世代と言えば、そうです中年世代が最も多い訳ですね。
介護士や看護師が常駐する高級マンションにでも住んでいれば別ですが、その様な物件に入居するには数億円の費用が掛かります。介護施設への入居も難しい世帯も多いでしょうから大抵の方は自宅で介護、訪問介護やデイサービスを利用する事になるでしょう。
そうなってくると時間の融通の利く仕事への転職を余儀無くされます。
もちろん正社員だけでなく契約社員や派遣社員・パート・アルバイトなどの非正規社員も含めて転職を考える事になります。
40代や50代での転職イコール『悪』と考える方が多い様ですが、自分ごとになると考え方も一転するでしょう。
いやいや、昔だって親の介護はあったでしょう?と思われるでしょうが、現在は昔とは比較にならないほど共働きが多く、更に女性の社会進出を政府が推進している現在では全く状況が異なっており、この介護離職問題は現在の40代や50代が最初に直面しているのです。
非正規社員の待遇改善や同一労働同一賃金制度、年齢関係ない転職をシッカリと行なっておく事で今の若い方々も将来の不安もなくなるのではないでしょうか。