転職で年収アップを求めない理由、面接で給料の事を聞くと不採用?

日本人が転職で年収アップを求めない理由が書かれていましたが、理由として新卒採用、終身雇用、年功序列、給与も横並び意識が有るからと分析されています。
転職する理由として日本は人間関係が1位となっている事は有名で、そのデータも踏まえた上での分析ですので結構当たっている面は有るのではないでしょうか。

面接で給与交渉すると不採用にする会社

しかし、最も重要な事が書かれていなかったので補足すると、日本は面接時に給料の事を聞くと不採用になりやすいと言う都市伝説が有るからです。
エージェントやコンサルタント、リクルーターなどから面接時にあまり給与の事を聞かないで下さいと言われた事有りませんか。
日本は長らく不況に陥り雇用されるだけで有難いと言うイメージが有り、給与は二の次として定着してしまった事も理由の一つです。
採用面接時に給与に関する質問をしてくる応募者は本当に少ないです。
そして給料に関して質問する応募者を悉く不採用にする担当者も実際に存在するので厄介なのです。
不況時で雇用が少ない時代であれば屈辱的ではあるものの受け入れて来たと思いますが、現時点で足元見られてわーいわーいなんて応募者はいないでしょう。応募者も本当は給料アップを望んでいます。望まない方がおかしいでしょう。

面接で人間関係が嫌と言うと不採用にする会社

給料だけでなく人間関係の事も同じで、面接時にアイツが嫌だった!コイツが嫌だった!など愚痴を述べる応募者は殆どいません。でも転職理由1位は人間関係という事はアイツが嫌だ!コイツが嫌だと採用面接で言ったら不採用と言うイメージが先行しているからです。
今やネットの情報を見ているのは求職者側だけでなく採用担当者も見ていると思います。
こんな応募者は採用するな!こんな質問は不採用!と言った情報に感化されて面接を行なっている場合も有るのではないでしょうか。
さて、ではどうすれば良いのでしょうか?
春闘で数%のベースアップを労組任せで待ちますか?

転職で年収上げるか、残って年収上がるのを待つか

終身雇用、年功序列で給与テーブルが決まっている企業であれば幾ら交渉した所で無駄ですので上記でも良いでしょう。しかし定年退職は未だ先の話ですよね。
では、どうすれば良いのでしょうか・・・
先ず求人の給与を見て見ましょう。
優良ホワイト企業を探そう、中途採用の求人情報一覧ページ

優良企業やホワイト企業の定義は様々ありますが、最も重要な事は働きやすい企業であるかどうかではないでしょうか? 中途採用の求人情報一覧ページ...
高給与・高年収の求人を見てみれば分かると思いますが、最低でもその金額で転職出来ます。
最低年俸が高い企業は給与テーブル通りの額ではない事が分かると思います。
給与テーブルが決まっている企業では能力が高くても最初から高額で雇用する事が出来ないのですが、最近では最低限度の月給16・18万円以上とか書いて有るだけでは応募者が集まりません。
ですから、経験年数や特定スキルを持っている方、昇進したら幾らと言う記載方法に変わって来ています。
何が言いたいかと言いますと、給料交渉を重要視している企業は求人を見れば分かると言う事です。