明太子ふくや出戻り制度で復職往復切符を退職時に発行、出戻り社員の出世やデメリットは?副業の方がメリットは多い?

明太子メーカーふくやが、復職往復切符を退職時に発行する事を発表しています。
復職往復切符を退職時に発行する事で所謂出戻りを制度として導入する事になりますね。
日本では長らく定年退職以外で元いた会社に再雇用される事はタブー視されていましたが、人手不足を認識し始めてから流れが変わって来ており、これまでにも幾つかの企業が出戻り歓迎制度を導入しています。
日本でいちばん大切にしたい会社大賞、リストラせず離職率も低い

日本でいちばん大切にしたい会社大賞の受賞者が決定したそうです。 第6回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞 受賞者の決定について ニュース...
出戻り社員を再雇用、オリックスが一度会社を辞めた社員のカムバック制度導入、転籍や5年間休職制度も
配偶者転勤による勤務地変更・休職などの人事制度を新設 一度辞めた会社に戻るいわゆる出戻り社員を再雇用する制度の導入をオリックスが発表してい...
NTT西日本の出戻り社員受け入れ、大和ハウス工業の年齢制限なし、地銀の夫転勤先再雇用など再就職のカムバック制度
〝出戻りOK〟 NTT西日本が再雇用制度導入 ただし…ベンチャー精神のある人  ベンチャー精神があれば「出戻り」歓迎-。NTT西日本は、同社...
この他にワークスアプリケーションズ、サイバーエージェント、亀田製菓などの有名な企業も出戻り歓迎制度を導入しており、リクルートも確か出戻りOKだった筈です。
制度として導入せず大々的に報道はされていませんが、上記企業以外でも出戻り社員は非常に多くなって来ています。
海外では出戻りは一般的ですので特に差異はないのですが、日本では前述の通り従来はタブー視されていた事という事も有り、出戻り社員が嫌い、出戻り社員がウザいなど気分を害する人は一定数いらっしゃいます。
出戻り社員のメリットとしては、いつでも出戻れる安心感、転職失敗しても戻れる安心感、一度辞める事で会社の良さを再認識、仕事のやり方が理解できている、他社へ転職する事での新たな発見などなど。
出戻り社員を雇う企業のメリットとしては上記に付随するフィードバックとなります。
要は最近言われている副業許可とメリットは似ています。
一方、出戻り社員のデメリットとしては、前述の通り出戻りをよく思っていない上司や同僚との確執が生まれる、産業スパイ疑惑などから評価基準が厳しめになる、出戻る期間によっては元いた会社であっても別会社になっているなどが有ります。
出戻り社員を雇う企業のデメリットとしては、出戻る前提なので危機感が無い、戻った社員が何も変わっていない、ただのジョブホッパーだったなどなど。
こちらもやはり副業のデメリットと似ています。
この様な出戻りのメリット・デメリットを踏まえた上で制度として導入をしていますので、出戻りを制度として確立している企業においての出戻りは特にきにする必要は無いと思います。
元々中途採用を活発に行なっている企業であれば出戻り制度を導入しても大きな混乱は少ないですが、サイバーエージェントやリクルートの様な企業でも出戻り社員の扱いに困る場合がある訳ですから新卒採用ばかりを行なって来た企業では少し難しい面があります。だから日本企業では出戻りが難しいのです。
メリット・デメリットを見ても分かる通り出戻りに理解を示す人と示さない人がいるからトラブルが発生します。これらはコミュニケーションによって解決する事が出来ますので、出戻りは従業員数が多い企業より従業員数が少ない中小企業の方が混乱は起きにくいです。
では副業を許可した方が出戻り社員制度を導入するよりも良いのかと言うと一概にそうとも言えません。設立当初から副業許可をしている企業なら兎も角、変化を嫌う人も中にはいらっしゃいます。
出戻り社員制度をメリット・デメリットも似ているという事は問題発生も同じとなり、しかも出戻りとは異なり退職していませんので余計人間関係に気を遣わなければならない場合も有ります。
副業が上手くいき本業が疎かになったり、本業のノウハウを副業で活かしてフィードバックも無い、本業中に副業もしたりと周囲の従業員が気を遣わなければならい状況も発生します。
これらは育児休暇や有給休暇の取得率とも関係しており、やはりコミュニケーションで解決出来る問題です。
他人をカバー出来るシステムが確立されている企業では出戻りも副業も制度として運用できる可能性が高いと考えても良いと思います。
いきなり今日から出戻り歓迎!!!副業歓迎!!!と言い出しても困るのは社員だと言う事を頭に入れておいた方が良いでしょう
今日から残業禁止!!!として現場任せの丸投げ働き方改革が問題となっている様に、メリット・デメリットを考えて、問題が起こった際の対処方法まで考えておいた方が良いでしょう。