学歴不問なら学歴不問、年齢不問なら年齢不問、未経験歓迎ならキチンと求人票に記載しましょう

転職は35歳迄、35歳以上は転職出来ない、30代で定年など様々な都市伝説レベルの話が有りますが、それら都市伝説レベルの話は基本的に既に崩壊しています。
転職に関する年齢制限や学歴制限など気にしていたら優秀な人材を採用し損ねる時代となっており、特に人手不足企業は人材不足企業よりも年齢も学歴も経験も気にしなくなっています。
30代後半から40代前半の転職者が狙い目、企業の採用意識も高まる

35歳定年説と言う都市伝説は無い!と数年前に書いていますが事実ですから仕方ない。実際に現在の転職者の多くは35歳以上や40代。企業の採用意識...
転職は35歳迄の都市伝説は完全に崩壊しつつある
転職大ブーム!崩れる「35歳転職限界説」 以前にも書きましたが、転職は35歳迄で限界と言う年齢による転職の制限ですが、はっきり言えば既に崩...
上記でも書いていますが、転職サイトの求人には学歴不問、年齢不問、未経験歓迎の応募資格が大量に出されており、数年前とは全く異なる状況となっています。
現状で大卒など学歴に拘っている企業としては、その業界や職種に必要な知識を学問として学んだ方が欲しいわけです。例えば医学・生物学・工学・電気・電子・機械・・・など所謂理系知識が必要な業界や職種では学歴が必要となっています。
それ以外の業界・職種で大卒など学歴に拘っている理由は私には理解できませんので理由も分かりませんが、ある程度の基礎学力が無い人は採用しない方針の企業は幾つか知っています。学歴不問で募集して採用過程で一般教養試験がある企業は殆どそういった理由です。
次に年齢不問ですが、増えてはいるものの学歴と同様頑なに若年層のみの求人採用の企業も有ります。
平均年齢が上がっているので下げたい、年齢層のバランスを取りたい、技術を継承して欲しいなどなど企業毎に年齢不問にしない理由も様々なのですが、幾つかの企業は何も考えていない。
他社で働いた人は要らない、出来れば卒後から自社の色に染めたいなど身勝手な事を述べている経営陣もいらっしゃいました。
現時点で足りない年齢層は不況時に人員削減対象となった30代後半から40代ですので、未だに年齢制限を設けている企業は注意した方が良いでしょう。
最後に学歴不問、年齢不問もそうですが、未経験歓迎も含めて企業の採用担当者はシッカリと求人票に記載しましょう。
学歴不問なら学歴不問!、年齢不問なら年齢不問!、未経験歓迎なら未経験歓迎、全部不問なら学歴・年齢・職歴も全部不問!!!などと書いて下さい。
それらを書くだけで求職者は安心出来る訳です。学歴不問・年齢不問・未経験歓迎なのに何も書かないと言う事は求職者側からしてみると応募して良いのか悪いのか判断に困り、結局応募しない判断となる場合が多いです。ついでに福利厚生もシッカリ記載しましょう。求職者の不安は求人票の時点で取り除きましょう。
自社の職場が如何に魅力的なのかを求人票で伝えることが出来なければ、今後の採用において遅れを取ることになるでしょう。