同一労働同一賃金と無期雇用転換、今以上に評価制度が重要になる

無期雇用転換に関して転換免れが報道されていますが、無期雇用転換と同一労働同一賃金はセットで考えた方が良いでしょう。
無期雇用転換はご存知の通り2018年度から開始、同一労働同一賃金は早ければ2019年度から開始予定です。
非正規雇用者数は現状でも多いですので、他人事ではない方も多いと思います。
さて、同一労働同一賃金法が成立施行されると、たとえ無期雇用転換を免れたとしても、正社員と変わらない待遇を非正規雇用者にも適用しなければなりません。
有期雇用と無期雇用を区別して採用したとしても同一労働同一賃金ではガイドライン通り基本的に待遇を変えてはなりません。
ですから無期雇用転換と同一労働同一賃金はセットで考えなければなりません。
企業側は無期雇用や有期雇用と区別せずに評価制度を整えなければなりません。
年功序列であったり成果主義であったりと評価制度も様々ですが、正社員ですら評価制度に不満を多く抱いている現状で無期雇用転換から同一労働同一賃金が実現可能であるかどうか。
同一労働同一賃金が実現可能であった場合、もはや有期雇用や無期雇用転換など話題にもならないでしょう。
しかしながら同一労働同一賃金を実現するには確実に解雇規制緩和も考えなければ、今度は企業側が苦しくなり今度は正社員がリストラされます。解雇リストラ迄いかなくとも待機レイオフと言う概念は労働者側も知る必要性が出てくるでしょう。
現在、日本の同一労働同一賃金は欧州をモデルとして検討されていますが、国内にある企業で最も同一労働同一賃金を実践しているのはコストコホールセールジャパンとイケアジャパン。
この2社では正規社員・非正規社員にかかわらず一部職種の例外を除いて全て時給制です。管理職になると年俸制となります。福利厚生も差異は無く、有給休暇の取得も時短勤務も差異はありません。
更に学歴不問、年齢不問、国籍不問、未経験可、残業無しと言うキーワードが求人にならび、小売流通業界ではコストコとイケアは日本だけで無く海外でも働きたいと考える方は多いです。
同じ様な業態としてウォルマートジャパンHDが西友を買収しましたが、以前よりも同一労働同一賃金に近くなりましたが元が西友ですので中々擦り合わせが難しい。
やるなら別会社を設立して最初から同一労働同一賃金で運営した方が上手くいきそうですね。