3Kを制するものはビジネスも制する?

皆さんは3Kと言う言葉をご存知でしょうか?
キツい・汚い・危険の頭文字をとって3Kと呼んでいた時代が有りました。
3K業界や3K職種は敬遠されてきましたが、その3Kも時代によってキツい・汚い・危険だけでなく、様々な単語に置き換わってきました。
その3K業界や3K職種は多くの人に敬遠されて来た訳ですが、バブルが弾けても金融危機が起こっても生き残っています。
上記はネガティブ3Kですが、逆にポジティブ3Kも存在しており、キレイ・カワイイ・カッコイイと呼ばれる3Kの方はどうでしょう?
広告・アパレル・出版含むマスコミなど、もはや話題にならないほどに淘汰されています。
何故人手不足のネガティブ3K業界や職種が生き残り、ポジティブで人手不足なんてない筈のポジティブ3Kが淘汰されるのでしょう?
その理由の一つに、もう一つの3Kが存在します。
『キモい・クサい・キラい』
何の3Kだか分かりますか?
これは業界や職種ではなく、顧客3Kです。
最も分かりやすい例を挙げますと、所謂『オタク』と呼ばれる人達がいます。
オタク相手のビジネスは急激に成長し、キモい・クサい・キラいな顧客相手でも笑顔で接する商売がアイドルで有り、今やエンタメ業界の優良顧客と呼べるでしょう。
この様に3Kを制するものはビジネスも制する訳ですが、表面上ネガティブ3Kではあるが潜在的ポジティブ3Kを探す事が非常に難しい。単なるニッチでない事がより一層難しい。
さて、次の3Kは何だろう?