企業の内定式が開始、新卒集まらず内定式に遅れる企業も

来春入社の学生、一足早く内定式
国内主要企業が1日、2018年春入社予定の大学生・大学院生を集めて内定式を開いた。今年は経団連の指針による内定の解禁日が週末にあたり、多くの企業は2日に開く予定だ。一足早く1日に実施した企業では、就活を乗り越えた学生にエールを送った。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2176002001102017TJC000/

10月1日は日曜日ですが、一足早く内定式を執り行う企業がありました。
全日本空輸、日本航空、清水建設、りそなホールディングス、ファミリーマート、東芝、ノジマなどが内定式を行った様ですね。
多くの企業は10月2日以降の平日に内定式を行う予定ですが、中には新卒採用で人が集まらず内定式に遅れが生じている企業もあるそうです。
今年度の新卒内定率も高くなっており、多くの学生が就職出来ると思いますが、未だ就職先が決まっていない方は中途採用や来年度の新卒採用に応募するなど行動を考えておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする