てるみくらぶ内定取り消し組その後、半数は同業の旅行業界企業に採用される

「てるみくらぶ」内定取消者たちはいま…… 厚労省、日本旅行業協会などに聞いた
厚労省・若年者雇用対策室によると、3月末時点で内定取消が確認できた人数は58人。相談窓口がハローワークと連携の下で設置され、東京で24人、大阪で8人が登録に訪れました。同対策室が5月12日時点で集計したデータによると、ハローワークを訪れた全32人中、内定が把握できているのは16人(東京11人、大阪5人)。ハローワークを介さずに内定を決めた人もいる可能性があり、もうしばらくは追調査を行う予定とのことでした。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1705/22/news130.html

以前てるみくらぶが破綻した事で、新卒採用で入社する予定だった58人が内定取り消しとなった問題が有りました。
その後、多くの企業が内定取り消しの新卒組を採用したいと申し出が有りましたね。
てるみくらぶに内定取り消しされるもJTB、近ツー、日本旅行、エクスペディアに採用される逆転現象
実際に採用状況を調査したメディアが有り、ハローワークでは16人、日本旅行業協会による救済措置では28人が内定している結果となっています。
半数程度はてるみくらぶと同業の旅行業界に採用されており、財団法人・宿泊施設活性化機構(JALF)でも1人を正式に採用したそうです。
6月から経団連企業の選考面接も開始となりましたから、もしかしたら上記で内定した人以外は再度就職活動をしているかも知れませんね。