有効求人倍率がバブル期超え、失業率低水準で有効求職者数も減少し人手不足企業は増加

有効求人倍率がバブル期を超えと大々的に報道されていましたが、失業率も低水準を保っており有効求職者数は減少しています。
求人は多いが応募者が少ないので、当然人手不足の企業は増加しています。
人口減少を人手不足の要因としている報道も有りますが、そう考えるのは時期尚早だと思います。
年代別人口で最も多い年代は40代で有り、30代もそこそこ多い。
30代や40代で転職する事は日本では少ない事も有りますが、最近は様々な待遇改善を行っている企業が多くなっており、転職ではなく現状維持の人が多いのでは無いでしょうか。
要は現在の会社で満足していると考えられる。
もう一つの要因としては以前から言われているミスマッチが挙げられます。
人気企業の求人に応募が殺到してしまい、他の企業の求人には目もくれない場合が増えてしまっています。
要は現時点で応募したい求人が無いと考えられる。
しかも、正社員求人よりも非正規求人の方が圧倒的に多いので30代や40代は求職者にはなりたく無いでしょう。
元々転職に対して良い印象を持っていない日本ですから、リストラでもされなければ転職なんて考えませんよね。現時点では良いと思います。
しかしながら、バブルが弾けたり前回の金融危機だったりで分かったと思いますが、そうなる前に転職をする事が重要です。
これからの日本企業は様々な問題に対面しなければならず、人手不足なんて可愛いものです。