大阪市営地下鉄とバスが民営化で新会社の大阪地下鉄グループ誕生へ、大阪都構想再開か?

大阪市営地下鉄の民営化、市議会委で議案可決
大阪市営地下鉄の民営化に必要な事業廃止議案について、市議会の交通水道委員会は27日、大阪維新の会、自民党、公明党などの賛成多数で可決した。28日の本会議で成立する。全国で初めて公営地下鉄の民営化が実現することになり、吉村洋文市長は2018年4月の民営化に向けて準備を進める。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASHC27H62_X20C17A3AC8000/

大阪市営地下鉄と大阪市営バスが2018年4月から新会社となる大阪地下鉄(仮称)へ移行し民営化される事が可決されました。
新会社誕生によって、JRを除くと関西では近鉄に匹敵する最大級の鉄道会社となり、全国で見ても東京地下鉄(東京メトロ)、東武鉄道に匹敵する鉄道会社となります。
大阪地下鉄の愛称は東京メトロに対して大阪メトロになるかも知れませんが、一部では既に略称『大トロ』が挙がっており面白いですね。大トロ良いかも知れない。
当初は完全民営化を目指す方向だったが、市が全株式を保有する形で調整を進めており、現市長の任期中には上場しない方針。
バス事業は大阪シティバスへ事業移管し、大阪市交通局保有の関西電力株式は新会社へ譲渡し、交通政策基金を創設。
大阪市交通局職員の約5000人を新会社へ転籍し、その内500人は人員削減する予定。
大阪市水道局の民営化も検討されましたが、今回は廃案となっています。
しかし、大阪都構想が無くなり地下鉄・バス民営化の動きも収束したかに見えたが、不動産投資失敗ならびにバス事業が巨額赤字に転落した事で風向きが変わり、今回の地下鉄・バス民営化となりました。
序でに大阪都構想も再開されそうだと指摘されるが、特別区については市民と議会に判断を求めると牽制しあっています。
2018年度の大阪市交通局の採用は既に応募が締め切られており、現状は外郭団体である大阪メトロサービスと大阪シティバスの求人のみ応募可能となっています。
大阪市交通局の採用情報
http://www.kotsu.city.osaka.lg.jp/business/employment.html
鉄道系の求人に興味のある方は、以下のページも参考にして見てください。
JR東日本、JR西日本、JR東海、JR九州、クボタが採用計画を発表しています
以下のページは中途採用の求人情報一覧ページとなりますので、転職の参考にして見て下さい。
優良ホワイト企業を探そう、中途採用の求人情報一覧ページ
新着求人ページは以下の通りとなりますので、こちらも併せて参照して見て下さい。
中途採用の新着求人ページはコチラ