小林製薬がグループ子会社の契約社員を正社員登用へ

トヨタグループ各社や日産自動車の新卒・中途採用の計画が公表されていますが、技能・技術系職種において派遣や期間従業員などを正社員登用する傾向になっていました。
デンソー、アイシン精機、豊田自動織機、トヨタ紡織、ジェイテクト、豊田合成、愛知製鋼のトヨタグループ各社と日産自動車が新卒採用と中途採用の計画を発表
この正社員登用増加は全般的に実施され始めており、小林製薬でも製造子会社の契約社員を対象とした正社員登用が発表されています。
小林製薬グループの製造子会社で有る仙台小林製薬、愛媛小林製薬、富山小林製薬などの製造子会社6社を対象として、契約期間4年以上、経験が必要な業務の職種を中心に250名を正社員登用。
正社員登用後は家族手当、住宅手当の他、退職金制度や昇格が適用される様になります。
人手不足や技術系人材不足による影響で待遇改善されるのは良い事だと思いますが、一体これ迄は何だったんだと思う方も多いでしょう。
しかしながら、従来型の採用や待遇では人が集まらない逃げて行く一方で、なかなか改善を行えない企業が多い中、大手企業が率先して行う事で周知される様になりますので、是非活用して欲しいですね。