デンソー、アイシン精機、豊田自動織機、トヨタ紡織、ジェイテクト、豊田合成、愛知製鋼のトヨタグループ各社と日産自動車が新卒採用と中途採用の計画を発表

トヨタグループ各社が2018年度の新卒採用計画と2017年度の中途採用計画を公表しています。
2018年4月入社の新卒採用と、2017年4月から2018年3月入社の中途採用が対象です。
採用計画を公表しているのはデンソー、アイシン精機、豊田自動織機、トヨタ紡織、ジェイテクト、豊田合成、愛知製鋼の7社。
デンソーは1215名(新卒採用約835名、中途採用約380名)
新卒採用人数は減少、中途採用は増加。
アイシン精機は430名(新卒採用395名、中途採用35名)(グループ全体新卒採用1583名程度)
新卒採用人数は減少、中途採用人数は増加。
豊田自動織機は335名(新卒採用・中途採用の合計人数)
採用人数は微減。
トヨタ紡織は260名(新卒採用180名、中途採用80名)
新卒採用、中途採用ともに増加。
ジェイテクトは359名(新卒採用と中途採用の合計)
採用人数は微増。
豊田合成は175名(新卒採用140名、中途採用35名)
新卒採用は微減、中途採用は微増。
愛知製鋼は99名(新卒採用のみ)
採用人数は微増。
基本的には特に変わりは有りませんが、技能職の採用人数が中途採用で増やす傾向。
技能職は派遣社員など期間従業員の正社員登用が多くなっています。
事務系職は企業ごとに採用人数が異なっており、減らす企業もあれば増やす企業もあります。
さて、これらの採用傾向はトヨタグループに限った事ではなく、多少の増減はあるものの全般的な採用の基準として見た方が良いでしょう。
技術系職種は新卒採用から経験者の中途採用へ、技能系職種は正社員登用へ、事務系職種は女性を多く採用するが他職種でも女性採用を増加。
それを踏まえた上で同じく採用計画が発表された日産自動車を見てみましょう。
日産自動車は1420名(新卒採用680名、中途採用740名)
新卒採用を100名増加、中途採用を290名の大幅増加。
日産自動車も技術系・技能系の採用人数を増加しています。
事務系職種は減った訳で無く変わりません。
アイシン・エィ・ダブリュの求人ページ
デンソーの求人ページ
日産自動車の求人募集ページ
上記の様に既に中途採用を開始している企業も在りますので、興味の有る方は応募を検討してみましょう。
以下のページは中途採用の求人情報一覧ページとなりますので、転職の参考にして見て下さい。
優良ホワイト企業を探そう、中途採用の求人情報一覧ページ
新着求人ページは以下の通りとなりますので、こちらも併せて参照して見て下さい。
中途採用の新着求人ページはコチラ