厚労省が『くるみんマーク』認定を厳格化、ホワイト認証推進機構設立などホワイト企業とはなんぞや?

厚労省が『くるみんマーク』認定を厳格化する事を公表しています。
「次世代育成支援対策推進法施行規則等の一部を改正する省令案要綱」の諮問と答申
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000156183.html
何故くるみんマーク認定を厳格化するかと言ったら、もちろん電通とパナソニックの問題があったからですね。
電通とパナソニックは『くるみんマーク』認定企業とされていましたが、現在は取り消されています。
見直しされるのは、くるみん、プラチナくるみん、えるぼしの他に、ユースエールと呼ばれる若年層を雇用する優良中小企業認定も厳格化される予定。
さて、厚労省が四苦八苦している最中、ホワイト企業を認定する団体として一般社団法人ホワイト認証推進機構が設立されたそうです。
「ホワイト企業」認定団体設立、仙谷由人代表「労使双方にメリット」実態調査を徹底
https://www.bengo4.com/c_5/n_5843/
ホワイト認証推進機構の代表理事は元官房長官の仙谷由人弁護士が就任しています。
随分久々に名前を聞いた気がしますが、こんな事を行っているとは。
ホワイト認証推進機構は厚労省の書面上でのホワイト企業認定ではなく、以下の様な認定基準があるらしい。

  1. 経営者へのヒアリング
  2. 規定などの整備状況の確認
  3. 運用実態の調査
  4. 従業員へのアンケートを通して審査

既に富士国際旅行社がホワイト企業として認定されていると書かれており、その他に医療法人社団日新会、社会福祉法人啓和会、人材派遣業レイバーサポートシステムがホワイト企業として認定を受ける予定だそうです。
設立から認定までが随分早いのですが大丈夫でしょうか・・・