会社や仕事への満足度は年収500万円がボーダーラインと言う調査結果

リスクモンスターによる仕事・会社への満足度調査が公表されています。

第4回「仕事・会社に対する満足度」調査
4人に1人は自身の勤務先を「ブラック企業」とするも、その半数は辞められず
http://www.riskmonster.co.jp/press/pdf/1702_1_rismon_survey_1.pdf

対象が600人と少数ですが、現在の会社に勤め続けたい人は65.3%、そうでない人は34.7%となっており、現在の会社に満足している人が多くなっています。
現在の会社がブラック企業だと思っている人は26.5%、ホワイト企業だと思う人は73.5%となっており、こちらも現在の会社に満足している事になります。
調査結果を見て行くと、年収500万円がボーダーラインとなって満足度も変わっています。
年収500万円以上だと満足、年収500万円以下だと不満足。
国税庁による平成27年分民間給与実態統計調査結果では、全体の平均年収は420万円、男性の平均年収521万円、女性の平均年収276万円、正規社員の平均年収485万円、非正規社員の平均年収171万円。
リスクモンスターの調査では年収500万円がボーダーラインですが、多分平均年収は貰いたいと考える人が多いのではないでしょうか。
ですから、420万円、521万円、276万円、485万円、171万円の其々をボーダーラインとして、自分の評価が適正なのかを判断していると思われます。
周囲と比較したり、平均で判断する事は無意味ですが、転職時の指標としては役に立つ。
あれ?この企業は年収が低いな?と思ったら未経験者募集、逆に高いなと感じたら経験者募集、未経験募集なのに高いな?と思ったら外資系、経験者募集なのに安い!と感じたら・・・
平均年収をボーダーラインとして、前後幾ら位の誤差なら許容できるか妥協点を自分で作っておくと転職もしやすいでしょう。