アストラゼネカがプレミアムフライデーに先駆け1年前に実施したハッピーライフフライデーの結果を公表

アストラゼネカ 毎週金曜日4時退社を奨励するプログラム「ハッピーライフフライデー」 実施1年間の活用状況から、金曜日夕方の過ごし方を提案 ~「プレミアムフライデー」開始をうけて~
アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:デイヴィド・フレドリクソン、以下、アストラゼネカ)は、内勤社員を対象に毎週金曜日午後4時の退社を奨励する「ハッピーライフフライデー(以下、HLF)」を実施しています。この度開始される「プレミアムフライデー」を受け、アストラゼネカが2016年3月から実施してきたHLFの1年間の活用状況と、HLFに関する社員の感想を発表しました。
https://www.astrazeneca.co.jp/content/az-jp/media/press-releases1/2017/201702221.html

英国の医薬品メーカーであるアストラゼネカの日本法人、アストラゼネカ株式会社は明日から始まるプレミアムフライデーに先駆けて、約1年前にハッピーライフフライデーと称した同様の制度を導入していた様です。
そのハッピーライフフライデーを1年間実施した結果が公表されています。
HLF活用率は平均70%
HLF導入後の月間平均残業時間は19.3時間、前年から1.7時間減少
ハッピーライフフライデーは金曜日は午後4時退社推奨、明日からのプレミアムフライデー導入企業も上手く行くと良いのですが。
先ずは定時退社と言うよりも、アストラゼネカのアンケートにも有る様に、とりあえず帰る。こちらの方が良いかも知れません。
とりあえず帰る・・・何か面白い。
帰るじゃなくて、とりあえず帰る。とても日本的だ。