すかいらーくが東京都内ガスト・ジョナサン・バーミヤンの3店舗で電子マネーによるセルフレジの試験導入

セルフレジを導入する企業が徐々に多くなっていますが、ファミレスとしては初となる、すかいらーくがセルフレジ試験導入を発表しています。

すかいらーく、セルフレジを試験導入 都内3店舗で
外食大手のすかいらーくは24日、客が自分で会計をする「セルフレジ」を一部店舗で試験導入したと明らかにした。
http://www.asahi.com/articles/ASK1S4WNHK1SULFA01N.html

東京都内にあるガスト、ジョナサン、バーミヤンの3店舗に導入する予定となっており、結果によっては他地域にも導入する流れ。
飲食業界ではマクドナルドがセルフレジを導入していますが、ファストフード系は導入しやすいので特に問題は無いでしょう。
マクドナルドやユニクロなどセルフレジ導入が進む、万引き防止での性善説は間違い
こうしたセルフレジを導入する企業が増えてくると、注目すべきは電子マネー。
今でも多くの人が利用していると思いますが、統一されている訳では有りませんので、今以上に競争が激しくなりそうです。
飲食業界では人手不足によってロボット化が最も早く進むかも知れません。
外食業界で24時間営業が無くなり始める、決済自動化と併せて人手不足と市場縮小に対応
ロボットと言えば、成田空港では食器片付けロボットを試験的に導入する事になりました。

成田空港で食器片づけロボットの実験始まる
外国人旅行客が増え続ける中、空港の飲食店などの人手不足解消につなげようと、使い終わった食器を片づけるロボットの実験が成田空港で始まりました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170123/k10010849741000.html

このロボットはファストフードやファミレスでも導入可能ですから、人手不足も解消され、これまでのブラック業界から一気にホワイト業界となるかも?