新卒3年以内離職率を厚労省が発表、高卒40%大卒30%が3年以内に転職する

新規学卒者の離職状況(平成25年3月卒業者の状況)を公表します
 厚生労働省は、このほど、平成25年3月に卒業した新規学卒者の卒業後3年以内の離職状況について取りまとめました。
 今回の取りまとめにより、高校卒業者の40%以上、大学卒業者の30%以上が、卒業後3年以内に離職していることが分かりました。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000140526.html

厚生労働省が行っている新卒3年以内離職率の平成25年3月新卒4月入社組の状況を公表しています。
3年以内に離職した大卒は31.9%、短大卒などは41.7%、高卒は40.9%、中卒は63.7%。大卒の3年以内離職率ばかり話題になりますが、学歴別で見ると大卒が最も離職率が低い。
会社の規模別離職率では、社員数が多いほど離職率が低く、社員数が29人以下となる小規模零細企業では離職率が約50%と高くなっています。特に5人以下の零細企業では大卒離職率約60%、高卒離職率では約64%と非常に高い。
業界別の離職率を見てみると、宿泊業・飲食業が最も高く、次いで生活関連サービス・娯楽業、教育・学習支援業界と続いており、この3業界は大卒、高卒ともに離職率が高くなっています。
この他に医療・福祉業界、小売業界、不動産・物品賃貸業が挙がっています。
そういえば新卒離職率が低いホワイト企業ランキングなんてものも有りましたね。
ホワイト企業ランキング300、離職率0は?

ホワイト企業とは 社員の定着率が高く、離職率が低い職場は、ブラック企業ではなくホワイト企業と呼ばれている様ですね。 そう言った新卒離...
新卒3年以内離職率のピークは、もちろん就職超氷河期世代ですが、金融危機での就職氷河期世代では逆に新卒3年以内離職率は平成21年には28.8%まで減少。しかし、その後再度上昇しており転職に対する意識が変わったと思われます。
新卒就職率と新卒3年以内離職率のグラフも掲載されているのですが、株価や為替の平均線の様になっており興味深い。
一部の方達は転職、要は中途採用で入社すると新卒採用組と比較して待遇が悪く年収も低いと言う都市伝説を信じている様ですが、実際は逆に中途採用で経験者として入社した方が待遇も良く年収も高くなる場合も多く有ります。
単純に3年くらい経ったから転職しようではなく、3年以内に仕事を覚え中小零細企業から脱出したとデータが示しています。
その後、同じ様な中小零細企業へ転職したのか大企業へ転職したのか分かりませんが、新卒3年以内離職率が高い事は悪い事では無いと思っています。
この会社しか無いんだ!と言う思い込みを捨てなければ、変化の多いこの時代は疲れてしまいます。