2人に1人は転職で年収がアップ、半数以上がスカウトで年収100万円以上アップ

転職サイトのアンケートで、転職して年収が上がった人の割合は5割との結果。
転職で年収が増加した人は5割―増加額は6割超が「100万円以上」
http://www.zaikei.co.jp/article/20160109/287410.html
実際に上がった金額は62%が100万円以上と答えており、その多くは転職サイトの機能であるスカウトオファーされた企業へ転職したとなっている。但しこのアンケートは30代や40代でマネジメント経験有りの方のみの結果だと考えられます。
転職して年収が100万円以上もアップした経験は有りますが、其れ相応の役職に就く事が私は多かったです。技術や経験を評価してくれた転職先も勿論有りましたが、多くは現状維持もしくは2、3万円アップだった記憶。100万円以上と言う事は月10万円以上アップすると言う事ですから・・・同じ仕事内容では、やはり記憶には無いです。
しかしながら、今いる会社が余りにもケチで低年収で有るならば、年収100万円以上アップする事は実際に有ります。と言うか給料アップして採用した。
3年程前にも書きましたが、ダイヤの原石と言いましょうか、そういった人を見つける事が大事なのですよ。大抵の企業は面接時に足元見て給料をなるべく抑えようとしますので、その逆を行えば来てくれると思い採用した事が有る。
足元見過ぎて優秀な人材からの内定辞退をされたら・・・そんな恐怖を感じたく無い。