正月明けの仕事始めが憂鬱にならない様に読書でモチベーションアップ

今年の冬休みは短く、大抵の企業は1月4日から仕事始めになると思います。

帰省や旅行などで忙しく、休む暇すら無いかも知れませんが、仕事始めに憂鬱にならない様に読書をして見ると良いでしょう。

仕事始めに間に合わなくても、次の週末は連休ですので、そちらの連休明けの憂鬱防止にも役立てたい。

2位は読書、1位は? 「大企業社長の趣味」ベスト10
http://president.jp/articles/-/16878

プレジデントの社長アンケートでは、1位がゴルフ、2位に読書、3位が散歩となっており、読書は人気の趣味となっている様です。

正月休みに必読? 企業の社長たちが愛読する本はコレだ
http://news.livedoor.com/article/detail/10995900/

上記記事では企業の社長達が読んでいる本が紹介されており、司馬遼太郎の坂の上の雲がトップとなっている様です。

坂の上の雲(司馬遼太郎)

それ以外では、

『空気』の研究(山本七平)

7つの習慣(スティーブン・R・コヴィー)

地上最強の商人(オグ・マンディーノ)

フロー体験 喜びの現象学(M・チクセントミハイ)

論語(孔子)

現場論(遠藤功)

ビジョナリー・カンパニー(ジム・コリンズ)

ザ・ゴール(エリヤフ・ゴールドラット)

ちょっと変わっているのは、

ギリシャ神話
国語辞典the charlie brown dictionary

Amazonの2015年のビジネス系書籍ランキング大賞では、

嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え
21世紀の資本
さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

Amazonランキング大賞2015を見る

上記がトップ3となっており、その他には有名な自己啓発本がトップ20にランクインしています。

私も幾つか読んだ事がある本が有りますが、坂の上の雲よりも論語の方が意外と読まれている感じです。

仕事始めは憂鬱になりがちですので、シッカリとモチベーション上げて出社に臨みたいですね。

散歩をしながら、途中で読書をすれば、気分もリフレッシュされて、モチベーションアップも出来る場合が有りますから、気分が鬱気味で有れば参考にしてみると良いでしょう。

注意点としては、書いてある事が難しく理解できない本を選ぶと、余計気分が落ち込みますから、なるべくならば簡単な内容の方がいいかも。

質問:英語を使用する仕事へ転職したいのですが、どうしたら良いですか?
答え:キャリアクロスを利用しましょう